沖縄を走る神戸市バス

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

沖縄を走る神戸市バス

沖縄で、このバスを見て「市バスが走っとぉ!」と指を指す人は、基本的に神戸っ子である。

写真は、県庁前の交差点を走る「元・神戸市バス(琉球バス交通所有)」。6~7年前から、宜野湾市のコンベンションセンターと那覇空港間(99系統)を走っているのを何度か目撃していた。

沖縄の島守~「島田叡氏顕彰碑」を見に行く。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

那覇の自宅から徒歩10分以内のところに郷土の偉人の顕彰碑が建立されたことは、神戸っ子の私としても、とても誇らしいことである。

島田叡氏顕彰碑・正面

昨日=6月26日は沖縄で「島守」として敬われている沖縄戦時下の沖縄県知事・島田叡(あきら)氏の命日とされる。沖縄戦から70年の今年、那覇市奥武山公園に「島田叡氏顕彰碑」が建立され、翁長沖縄県知事をはじめ、島田氏の出身地から井戸兵庫県知事、久元神戸市長らが参加して除幕式が行われた。島田氏を顕彰するモニュメントは沖縄県内では「終焉の地」とされる糸満市摩文仁の「島守の塔」に続くもの。

顕彰碑だけではなく、奥武山公園の多目的グラウンドを「兵庫・沖縄友愛グラウンド」と名付け、島田氏の功績を記した「グラウンド碑」も建立されたが、この「グラウンド碑」については、すでに、当ブログでも紹介している通りである。

沖縄の島守顕彰碑の準備進む

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

那覇市奥武山公園「兵庫・沖縄友愛グラウンド」

自宅から徒歩10分足らずで行ける公園の話なのに、その存在を地元メディアではなく『神戸新聞』で知った「島田叡氏顕彰碑」。

島田氏の命日と見なされている6月26日に、那覇市奥武山公園で井戸敏三・兵庫県知事や久元喜造・神戸市長らが訪れて除幕式が行われる予定だ。それを前に自宅から近いこともあり、散歩がてら見てきた。

「漫湖水鳥・湿地センター」に行ってきた

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

漫湖にかかる斜張橋「とよみ大橋」

漫湖公園に行ってきたシリーズ第2弾!? (前回は「ちょうちょガーデン」)

今日は「漫湖水鳥・湿地センター」へ行ってきた。実はここは那覇市ではなくお隣の豊見城市にある。漫湖と言えばラムサール条約登録湿地としても世界的に知られており、この「漫湖水鳥・湿地センター」周辺は広大なマングローブと湿地が保護されている。

パソコンで「Inbox by Gmail」を使う

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Inbox by Gmail

メールアプリに革命をもたらせた...と言われる「Inbox by Gmail」が招待制から一般公開された。AndroidとiOSで対応しているが、実はメールアプリの「Inbox by Gmail」に一度でもログインできれば、パソコンからでもウェブアプリとして使うことができる。

Inbox by Gmail

設定は実に簡単。Google Chromeでhttps://inbox.google.com/にアクセスしてログインするだけ。Gmailに限らずGoogle Appsでも利用可能である。

今だから神戸空港について考える。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

神戸空港反対派の中で最も神戸空港の恩恵に預かっている私が神戸空港について、懸念していることをまとめてみたい。

航空券

まず、経営破綻したスカイマークの救済にANAホールディングスが加わったこと。ニュースでは羽田空港の発着枠の奪い合いばかりが取りざたされているが、神戸空港に目を向けると、スカイマークは7割の発着枠を占めていた。今回のスカイマーク救済策では、神戸空港の全路線をANA系列が独占することになるのだ。

つまり競争原理が働かず、神戸便の航空運賃が高くなる懸念がある。航空運賃が高くなると、近くに伊丹や関空もあるので、神戸空港を利用する人が減少し、ますます神戸便の減便につながりかねない。

Google Apps 動画マニュアル

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Google Apps 動画マニュアル

久しぶりに「Google Apps」ネタである。久しぶりすぎて「Google Apps」とは何か忘れてしまいそうになるが、一言で言うと、Googleが提供しているサービスを独自ドメイン名で運用できるサービスのこと。かつては無料で提供されていたが、2012年12月6日をもって無償版の提供は終わった。ただし無償版利用者は引き続き無料で利用できる。

このブログでは10年近くGoogle Appsを追ってきたが、最近は記事が陳腐化してしまっていた。そこに救世主である。

安物のコンデジで月食を撮影してみた

2015年4月4日の月食。19時55分那覇市で撮影

今から30年ほど前、高校の文化祭に、マニュアルの一眼レフで撮影した月食の連続写真を出展したことがある。撮影方法はこうである。カメラは三脚に固定し、シャッターボタンにはレリーズをつけ、月食の時間中、シャッターを開きっぱなしにする。このままだと月の運行が線で写るので、レンズのふたをシャッターの代わりにして、5分おきにふたを取る。ふたを取る時間は月の欠け具合にあわせて1~5秒。これは勘である。このような原始的な方法で、1枚の写真に十数個の月を焼き付けていった。デジカメ時代の今であれば画像処理ソフトで複数枚の写真を合成して連続写真を作るのだろう。

さて、このブログでも何度も取り上げているが、日食、月食があると小学生の頃から興奮してしまう性格である。

この衝動を形に残すには写真であるが、今、手元にあるカメラは4年ほど前に某家電量販店の安売りで買った6,000円のコンデジしかない。月のクレーターがわかるほどの望遠撮影とか連続写真までは無理としても、何とかうまく撮れないだろうか。

Googleのセキュリティ診断後に起こったこと

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

不明な端末のアクセス

2月10日は「Safer Internet Day (インターネット安心デー)」なのだそうで、Googleでは2月17日までにGoogleアカウントのセキュリティ診断を行うと、Google Driveの容量を2GB増量するキャンペーンを実施している。

参考:Google Drive Blog (英語)

セキュリティ診断は、実に簡単なもので、設定が甘い場合は、診断の中で設定を変更できる。しかし、その強固な設定で意外なトラブルが起こった。

私は「kazamidori.net」ドメインのメールアドレスをメインのメールアドレスとして使っており、「kazamidori.net」のメールアドレスから「@gmail.com」のメールを受信する設定をしている。つまり「kazamidori.net」のメールを開くだけで「@gmail.com」のメールも読むことができるようにしているのだ。

ところが、このGoogleアカウントのセキュリティ診断でセキュリティレベルを上げてしまったがために、この機能が使えなくなった。それどころか、その仕組みが@gmail.comへの不明なログインと見なされ「ブロック」されてしまった。