風見鶏の目

風の吹くまま、気の向くまま

無償版 G Suiteを解約してみた

2022年3月13日

kazamidori.net ドメインで16年間利用してきた無償版 G Suiteを解約した。

放っておけば7月1日 8月1日をもってアカウントは停止されるが、5月1日 6月1日から自動的に有償版へ移行されてしまう。もちろん7月1日 8月1日までは無料で利用できるとはいえ、有料版の料金を支払っていないみたいでなんとなく後味が悪い。

すでに別のメールサーバーで独自ドメインのメールを運用しているのであれば、ここはすぱっと解約してしまったほうが気持ちがよい。

なお、無償版 G Suite の解約手順は下記の通りである。


  1. Google Adminの画面にログイン
  2. 「お支払い」の「サブスクリプションの管理」をクリック
  3. 「G Suite legacy」をクリック
無償版 G Suite 解約画面
  1. 左下の「サブスクリプションをキャンセル」をクリック
無償版 G Suite 解約画面
  1. 「解約理由」を求められるので、該当する項目にチェックを入れて「続行」ボタンを押す
無償版 G Suite 解約画面
  1. 「G Suite legacyを解約する」画面になるので、2項目の同意事項を確認し、チェックを付ける。ちなみに同意事項は下記。
    • ご利用のG Suite legacyサービスには即座にアクセスできなくなります
    • この操作を元に戻すことはできません
  2. 「管理者のメールアドレス」の入力を求められるが、これはG Suite legacyを利用していたドメインの管理者のアドレスを入力する。ちなみに解約後、メールが来るわけではない
  3. 全ての入力が終われば右下の「サブスクリプションを解約する」ボタンを押し、解約の確認画面が出たら、即座に、そのドメインでG Sute legacyは使えなくなる
無償版 G Suite 解約画面

ちなみにG Suite legacy解約後でも、Googleフォト、YouTubeなどは引き続き利用可能である(上の画像参照)。

あわせて読みたい:
「無償版 G Suite」サービス終了までのロードマップ
無償版 G Suite 終了後の移転先を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加