Web作成備忘録の最近のブログ記事

掲示板迷惑投稿撃退記

2006年6月26日 09:00

最近「風見鶏ねっと」内にある、とある掲示板に毎日3~5件のspam投稿が相次いでいた。サーバーログを見ると複数の種類のアクセスがあり、ひとつは固定IPだったためhtaccessで蹴ったのだが(この掲示板は簡単なCGIのため、CGI側でIPアドレスを規制できない)、もうひとつは匿名プロキシサーバーを経由し、しかも毎回、IPアドレスを変えてくるためhtaccessでは弾けなかった。どうしたものかと考え、至った結論は掲示板CGI名を変更するということだった。これで、なんとあっさり撃退できたのである。具体的には「bbs.cgi」であったのを「その掲示板の名前を英語にした名前.cgi」に変えた。

さて「風見鶏ねっと」ではURLが存在しない場合に表示されるエラーページをオリジナルのものにしており、しかもそのページにはリアルタイムでチェックできるアクセス解析を埋め込んでいる。これはサイト内のリンク切れを把握するために仕掛けているものだが、当然、外部サイトのリンク切れも記録される。通常、エラーページには毎日5~10回程度のアクセスが記録されているが、彼らは今も1日に20回以上もCGI名変更で消滅した掲示板にアクセスし続け、サーバーの生ログにエラーが記録されているにも関わらず、エラーページに仕込んでいるアクセス解析に全く引っかからないのである。つまり、彼らはブラウザでアクセスしているのではなく、自動的に宣伝文句を投稿するようなプログラムでアクセスしてきていると思われる。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

Google Wireless Transcoderって何者?

2006年12月 1日 14:14

最近、サーバーの生ログを見ると「Google Wireless Transcoder」という怪しげな訪問者が頻繁にやってきていることに気がついた。

実はこれ、携帯電話からGoogle検索を使った際に、パソコン表示用のページを携帯に適したページに変換するプロクシサーバーからのアクセスなのだ。パソコンからでもここから見たいページのURLを入れてアクセスすることにより、どのように表示されるかを確認することができる。また、ここからアクセスすることにより、サーバーには「Google Wireless Transcoder」の足あとが記録される。

※「Google Wireless Transcoder」の正確なUserAgentは Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; Google Wireless Transcoder;) である

auがezwebにGoogle検索を導入したこともあり、最近、特にこの「Google Wireless Transcoder」経由の訪問が増えている。

さて、ここで困るのが、このブログのように「携帯用コンテンツ」を用意しているサイトである(参考)。携帯からGoogleを経由することによりパソコン用ページを閲覧することができるため、携帯用コンテンツを用意する意味がなくなってくるのである。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

3~4年ぐらい前、私が関わったとあるサイトのアクセス解析を眺めていると、弱視の方が作成されたサイトからのリンクがあった。リンク自体は普通のリンク集にあったものだが、その方のサイトを訪れると全盲ではないものの、ほとんど視力のない方に見やすいホームページを心がけているという話があり、そのときは思わず見入ってしまった。弱視者にとって大きな文字が見やすいのは当然のことであるが、背景は黒系統、文字は白系統のコントラストの強いデザインにするとさらに見やすいという。私自身も生まれつきの目の病気の影響で目が悪いのだが、メガネをかければ普通に生活できるので気にもしていなかったものの、その解説には衝撃を受けたものである。

※ちなみに「弱視」の定義は眼科医の間でも判断が分かれていて、矯正視力0.7以下(自動車の運転免許が取れる基準以下の視力)を「弱視」と判断する医師もいれば、矯正視力0.3以下を弱視という判断する医師もいるようです。また視力がよくても色覚が判別しにくい人も「弱視」とされます。

それ以来、少しずつ、弱視者にも、普通の人(弱視者に対して「晴眼者」という)にも見やすいサイトをつくることを心がけてきたつもりであるが、その課程で「色弱者」という存在を知った。色弱者とは、不適切な表現かもしれないが、いわゆる「色盲」のことである。一般的には「緑と赤の区別ができない」と言われているが、実はそれだけではない。黄色がピンク色に見えるタイプの人もいるそうだ。しかも色弱者の割合は意外に多く、男性で20人に1人、女性で500人に1人が色弱者だという。

単に視力が弱い人向けのホームページであれば、先に述べた通り、文字を大きくしてコントラストを強くするだけで、ある程度は解決できるが、色弱者にも見やすいサイトを作るには、かなり複雑なのである。しかも晴眼者にも違和感がないデザインとなると、難易度の高いデザインが要求される。

最近、私の周りでは「カラーバリアフリー」とか「カラーユニバーサルデザイン」で作られたものをよく見かける。たとえば那覇市の広報紙『なは市民の友』は2003年から色弱者に配慮した色の構成になっているというし、沖縄の新聞『沖縄タイムス』も今年4月から「カラーユニバーサルデザイン」を採用している。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

約3ヶ月前、当ブログで「ホームページのバリアフリー」と題した記事を発表した。この話題は関心が高かったようで、発表当初、このブログのほかの記事と比べると通常の1.5倍程度のアクセスがあった。ところで、最近、『朝日新聞』で視覚障害者によるホームページのチェックを行う「ウェブ診断士」の養成が名古屋で始まったとの情報を知った。詳しくは『朝日新聞』のサイトをご覧いただきたいのだが、私が着目したのは、04年6月にJIS規格によるバリアフリーのウェブの規格が定められ、総務省も自治体ホームページの運用モデルを示していたということ。私もこの記事で初めて知り、調べてみたところ総務省が所管する独立行政法人情報通信研究機構が運営する「情報バリアフリーのための情報提供サイト」(http://barrierfree.nict.go.jp/)というサイトでホームページのバリアフリーに関する情報がまとめられていた。ここではホームページの作成だけではなく、通信、放送のバリアフリー対応についてもまとめられており、健常者だと気づきにくい点が多く指摘され、改善策も示されている。

さて、ホームページは一般的に「HTML」という言語によって作成されているが、最近はこの言語よりも一歩進んだ「XHTML」という言語で作られたホームページが多くなってきた。このXHTMLは従来のHTMLからデザイン系の部分を省略し、ソースを見る限りでは単純な構成になっている。一方で文字の色や背景色などのデザインはスタイルシートと呼ばれるファイルで管理する特色がある。しかし実際はそれだけではなく、バリアフリーにも適した言語でもあるのだ。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック
借りているXREAのs2サーバーが3月末にハードディスククラッシュを起こし、その影響でサーバー上のファイルやブログデータを保持しているデータベースが復旧できない状態に陥った。幸いMovable Type(以下MTと略す)がはき出したHTMLファイルはパソコンにバックアップを取っていたため、別サーバーにアップロードし、表面上は比較的早く復旧できたが、ブログのデータベースが消失したためブログの更新、コメント、トラックバックの受け付け、ブログ内検索、携帯端末向けのページなどが使えない状況であった。 本日、これらの不具合も解消したが、ここまでの道のりが大変であった。見かけ上、HTMLファイルがあるため、復旧しているように見えるのだが、データベースが消失しているため、今後、このページを更新していくためにはテンプレートや過去の記事、コメント、トラックバックを一から設計しなおす必要があった。過去の記事やコメント等はひたすらコピー・ペーストを繰り返したが、ただコメント、トラックバックは投稿日付をMTの管理画面からは修正できないため、PhpMyAdminで直接データベースに変更を加えながらの作業となった。大変だったのはテンプレートである。既存のテンプレートには絶対に使わないような機能が多く搭載されているため、まず、これらを削る作業を進めた。また、以前のテンプレートはMTのバージョンが2の時から使用していたこともあり、現在のバージョンで標準となっている「モジュール化」には対応していない。そのためテンプレートのモジュール化から進めていった。そして一通り完成後にブラウザで表示の確認を行うのだが、InternetExplorer6と7で表示が崩れるという問題に直面。試行錯誤を繰り返しながらようやく公開することができた。ちなみにテンプレートの作成だけで3日を費やした。
kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

ニュースサイトなどでは、今や当たり前になってきた「ソーシャルブックマーク」のアイコン。当サイトも3年前から真似して設置しているのだが、このほどGoogleが「+1」というボタンを表示させるコードを一般向けに公開した。

自分が運営しているページに「+1」ボタンを付けたい方は「Google +1をウェブサイトに表示」からコードを受け取り、HTMLに貼り付けることで完了である。

一見、ソーシャルブックマークのアイコン風だが、単なるブックマーク登録ボタンではない。Googleの発表を読む限り「このサイトをほかのGoogleユーザーにお勧めしたい!」という場合に「+1」ボタンをクリックすることを想定しているようなのだ。

具体的には、「+1」ボタンを押す以下のようなことが可能になるそうだ。

  • Googleプロフィールに関連づけられて、自分のGoogle検索にも反映される。
  • 自分以外のGmailの連絡先登録者やGoogle Buzzのフォローをしているユーザー等で「+1」を付けたサイトの情報が共有される

+1ボタン

現在のところ、Googleの英語版のみで共有が可能のようだが、日本語版利用者では現時点で、どのようなことができるのか、自分で自分のサイト「風見鶏の目」のトップページ(https://kazamidori.net/kaoru/)に「+1」を付けてみた。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

最近になって、暇つぶしを兼ねて「Googleドキュメント」で遊んでいる。

「Googleドキュメント」とは、Googleが無料で提供しているワープロ、表計算、プレゼンテーションなどのソフト群のこと。特別なソフトをインストールすることなく、ブラウザでGoogleドキュメントのページにアクセスするだけで、すぐに使うことが出来る。今流行の「クラウドコンピューティング」の元祖である。

Googleドキュメントの「フォーム」

「Googleドキュメント」の中で面白いのはMicrosoft Officeには絶対に真似のできない「フォーム」機能。その名の通り、アンケートやコメントを入力できるフォームを作る機能である。ホームページ上のアンケートフォームはCGI等で実現されていて珍しくもなんともないが、個人情報を取らない単純なアンケートフォームであれば、ブログ内の埋め込んで実装することもできる優れものなのだ。

※フォーム機能は、Google AppsのGoogleドキュメントでも実装されている。

では、どんなことが出来るのか、実際に見てみよう。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

最近、中国発のコメントspamが増加している。アクセスログから調べ上げたspamを発信してくる中国のIPアドレスを備忘録として公開しておく。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

今朝、サーバーのアクセスログを見たところ、昨日、韓国の紙袋の通販サイトをリンク元とした大量のアクセスがあった。それだけなら別に気にならないのだが、今回の場合は、その通販サイトのURLに6~10桁の乱数がついたサイトから大量のアクセスがあり、その乱数がついたサイトは数百種類に及んだ。

リファラースパムといって、通販サイトをリンク元にしてアクセスしてくる例は珍しくないのだが、今回の例では、リンク元のサイトは「Not Found」となっており存在しないのだ。つまり通販サイトへの誘導を目的としたリファラースパムとしては、意味が無いアクセスなのである。

生ログをたどってみると、今回の例でアクセスされた「kazamidori.net」内のページはランダムであり、どれとして重複するページはなかった。それどころか「kazamidori.net」に存在しないURLへのアクセスも記録され、大量のエラーログも出ていた。その割合は半分半分である。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

検索

google+

このアーカイブについて

阪神・淡路大震災

月別アーカイブ

購読・ブックマークに登録