2007年3月アーカイブ

DNSのTTL設定とは?(前編)

2007年3月 1日 03:00

今年1月、那覇市内で「日本ネットワーク・オペレーターズ・グループ」( http://www.janog.gr.jp )というインターネット技術者の団体が大規模なミーティングを開催した。その中で「短いDNSのTTL設定は危険である」と報告が行われ、独自ドメイン所有者に注意を促している。

そういえばVALUE DOMAINの管理画面には「TTL」というものを設定する箇所があり、下記のような説明がある。

TTL設定(最低120秒)
TTL設定は詳しい方のみご変更ください。通常、変更の必要はありません。

そもそも「DNSのTTL」とは何なのだろうか。

まず、DNSとは「Domain Name System」の略である。インターネットにつながっているコンピュータにはそれぞIPアドレスと呼ばれる数字(実体は二進数の羅列)が割り振られている。しかし、これらのコンピュータへは、IPアドレスではわかりにくいので「ドメインネーム(ドメイン名)」とよばれるアルファベットや数字、最近では日本語といった各国語の文字列を割り当てたものを使ってアクセスするのが一般的である。これらを変換する仕組みを「DNS」といい、この変換を行うサーバーを「DNSサーバー(ネームサーバー)」という。しかしインターネット上には無数のドメイン名が存在していることから、DNSサーバーは世界中に分散しており、1個の小さな画像を呼び出すだけでも、複数のDNSサーバーが連携して情報交換が行われている。

具体的には、あなたがこのサイトを訪れようとした瞬間、DNSサーバーで以下のようなやりとりが行われ、初めてこのページが閲覧できるようになっている。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

DNSのTTL設定とは?(後編)

2007年3月 1日 03:00

では、なぜ「短いDNSのTTL設定は危険」なのだろうか。
「日本ネットワーク・オペレーターズ・グループ」のホームページ( http://www.janog.gr.jp/meeting/janog19/2006/12/dnsttl.html )にその資料があるので深く知りたい方は参考にしていただくとして、ここでは主にVALUE DOMAINを利用している人にとって「短いTTL設定」でどういうリスクがあるのかを考えたい。

VALUE DOMAINではTTLについて「よくわからない人は120秒でよい」というスタンスであるが、これはプロバイダのDNSサーバーでは120秒後に情報が消されるということでもある。その情報が消えた間に、悪意を持つ人が嘘の情報を、そのサーバーに送り込んだらどうなるだろうか。

例えば「kazamidori.net=256.256.256.256」という情報をプロバイダのDNSサーバーに送り込んだとする。「256.256.256.256」のコンピュータにエロサイトや、スパイウェアを送り込むようなページが設置されていれば、そのDNSサーバー経由で「kazamidori.net」へアクセスした人は大変な被害を被ることになる。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

娘の彼氏~その後

2007年3月 3日 15:00

難しい話題が続いたので、今日は「ひな祭り」にちなみ、久しぶりに1歳10ヶ月になる娘と娘に好意を寄せている同い年のS君の"その後"を報告したい。

1ヶ月ほど前、私が娘を保育園へ連れて行ったときのこと、いつものごとくS君が教室で娘が来るのを待っていたのだが、少し変化が現れた。なんとS君は私に向かって「パパ、パパ」と言い寄ってきたのである。

「おまえにパパなどと言われる筋合いはない!!!」

と言いたいところだが、相手は1歳児。S君に「○○(娘の名前)のパパだよぉ」と大人の対応を示して、その日は保育園を後にした。それから数日後、保育園の教室でたまたまS君のお母さんと一緒になったのだが、この日もS君は私を指さして「パパ、パパ」と言ってきた。当然のことながらS君のお母さんは「○○ちゃんのお父さんにパパって言ってる...」と困惑気味。もちろん私もその場をどう対処していいのか困った。担任の先生も苦笑するしかない状況だった。S君のお父さんとは保育園の行事で何度もお会いしているが決して私に似ているわけではない。なのに、なぜS君は私に向かって「パパ」と呼ぶのだろうか。今から"彼女の父親"を"その気にさせる"作戦なんだろうか。そうだとしたら手強い1歳児である。

この出来事以降、私とS君が顔を会わす機会は減ったのだが、娘との関係は静かに進行しているようである。保育園の連絡帳を見ると2月上旬には娘とS君が"デート"している現場が報告されている。それによると保育園の敷地にある桜の花(※)にメジロが留まっているのを見つけ、2人でメジロを指さしながら「チッチ、チッチ」と言い合っていたようだ。

※沖縄で桜といえばソメイヨシノではなくヒカンザクラが一般的で紅梅のような色の花を咲かせる。ちなみにヒカンザクラの桜前線は沖縄本島を北から南へ南下する特徴がある。花の見頃は1月下旬から2月頃。

その後の"デート"の報告はないが、最近、娘はクラスメートの名前を言えるようになったというので、家で誰の名前が言えるのか試したところ、なぜかS君の名前だけはうまく言えないのである。S君の名前は娘の発語状況から決して発音しにくいものではないにも関わらず...である。もしかして照れているのか、それとも名前も思い出したくもないほどのことがあったのだろうか...今後の2人の関係が気になる親バカな父親であった。

※そういえば3ヶ月ほど前、2人は「あ~あ」だけで会話していたなぁ

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

Yahoo!メールやgooメールなど多くの無料メールサービスで行われているにもかかわらず、なぜかGmailでは"見かけない"サービスの一つに「外部メール」の取り込み機能があげられる。これは無料メールサービスからプロバイダ等のメールアドレスに届いたメールを受信する機能で、旅行や出張が多い人にとっては、パソコンを持ち歩かなくてもインターネットができる環境であれば、いつでもどこでもメールをチェックできることから重宝な機能でもある。

実はGmailでも、この「外部メール」を受信できる機能があるのだ。ただし現時点では日本語版に実装されていないことから、言語設定をいったん「English (US)」にする必要がある。

※2007年3月28日追記
日本語版でも外部メール取り込み機能が実装されました。また同時にGoogleアプリの独自ドメインのメールアドレスでも利用可能となりました。詳しくはこちらをご参考ください

設定方法は以下の通り。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

GMail Driveのいたちごっこ

2007年3月15日 14:30

我が子を撮影したデジカメ写真のバックアップ保管庫として「GMail Drive」を愛用しているのだが、昨夜、写真を転送しようとGmail Driveにアクセスしたところ、中身が全く見えなくなってしまった。まさか、全部消えたのかと思い、Gmailにアクセスして見ると過去に保存した写真は無事だった。またGMail Driveからは転送だけはできるようなので、とりあえず写真を転送しておいたが、エクスプローラからは何も見えない状態になっている。

「GMail Drive」とは1年ほど前にも紹介したGmailの無駄に多いディスク容量をインターネット上のハードディスクとして使う便利なツールである。常時接続のパソコンであれば、まるで自分のパソコンのハードディスクのように扱える代物である。

ところがGoogleはGmailの容量をこのような形で使うことを、よく思っていない。このため、以前からたびたびGmail Driveによる利用に規制がかけられていた。GMail DriveもGoogleの規制に対抗し、即座に新しいバージョンを公開してきた。そして今回もGMail Driveのサイト( http://www.viksoe.dk/gmail/ )を見るとベータ版ではあるが最新バージョン「GMail Drive v1.0.11 beta」が公開されていた。私の場合、特に緊急でもないので「ベータ」が取れた段階でバージョンアップしようと思う。

※2007年3月19日追記
「GMail Drive v1.0.11」のファイナルバージョンが公開され、このバージョンの日本語化パッチも登場しました。余談ですが、今後のバージョンアップでは、Google Apps for Your Domainのメールアカウントにも対応して頂きたい...と思うのは厚かましいお願いでしょうか?

ちなみに子供が生まれた直後から昨日まで約1年10ヶ月分、500万画素の写真で800枚以上をGMail Driveにため込んでいるが、まだGmail容量の70%程度しか使っていない。あと1年分は保管できそうである。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

昨年11月に「Google Apps for Your Domain」の裏技として紹介した「Gmailログイン画面を独自ドメインにする」設定が、日本語版でもできるようになった。基本的には前回記事で紹介した英語版での設定と同じ(しかも日本語)で、手順に従いDNSの設定でcnameの設定を行う。

すでに英語版で設定している場合は改めて設定し直す必要はないが、設定した独自ドメイン名でログイン画面にアクセスできるにも関わらず、ダッシュボードでは初期値のgoogle.comのアドレスになっている場合がある。

※ちなみに私の場合、昨年、英語版で設定した2つのドメインのうち、1つのドメインは日本語版でも設定した独自ドメインが表示されていたにも関わらず、もう一つのドメインは初期値のままでした

この場合は独自ドメインに変えたいサービスの「カスタムドメイン」のリンクを開き、設定したサブドメインを入力して「続行」ボタンを押すと、ただちに正しい情報に更新される。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

当サイトで3月9日に取り上げたGmailの外部メール取り込み機能が「Google Apps for Your Domain」のメールアドレスでも利用できるようになった。しかも日本語環境で設定可能である。同時に通常のGmailでも日本語環境での設定が可能となった。

いずれの場合も設定はウェブメールにアクセスし、右上の「設定」のリンクから「アカウントの設定」タブを開き、「別のアカウントからメールを受信」欄の「別のメール アカウントを追加」のリンクを開くことにより、画面の指示に従って設定を行うことができる。

自分所有の独自ドメインのメールアドレスから外部メールを取り込めるとは、明日から帰省する私にとってグッドタイミングのサプライズである。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

娘と二人旅

2007年3月30日 01:00

今日は、もうすぐ2歳になる娘を保育園から連れて帰ると見せかけて、保育園から娘を連れ去った後、モノレール、飛行機を乗り継いで神戸の実家へ"拉致"した。早い話が私が娘を連れて帰省するわけだが、今回、妻は仕事が年度末で忙しいために那覇に残り、私と娘の二人だけで神戸へ帰ることとなった。

去年は娘がまだ歩けなかったことと、妻がいたことで飛行機の中では"ワークシェアリング"で楽だったが、今回は保育園のクラスで一、二を争うほどの「ウーマクー(沖縄方言で「わんぱく」という意味)」に成長した娘を神戸到着までの約1時間30分、私一人で面倒を見なければならない。ちなみに飛行機は2歳まで無料で乗れるが、そのかわり座席の割り当てがない(でも航空券は発券される)。つまり機中では私と一心同体なのである。

なんとか無事、神戸に到着して、この記事を書いているのだが、予想通り、ここまで、大変な道のりであった。まず、娘を迎えに保育園へ行くと、娘がウンチをした後らしく、先生たちが裸同然で走り回る娘を着替えさせるのにてんてこ舞いになっていた。しかも替えのズボンもなくなったとのことで、私が神戸で着替えさせるためのズボンをリュックから取り出す羽目に。不幸にも娘の着替えはリュックの一番下に入れていたため、機内で食べる予定のサンドイッチや神戸で遊ばせるためのパペット、私の着替えなどを教室内にぶちまけて、汗だくになりながら、娘を着替えさせた。

そして飛行機。3歳未満の子供を連れていると他の搭乗客より優先して搭乗できることから、私たち親子は飛行機に一番乗りできたのだが、席についてしばらくすると、なぜかぐずりはじめた。離陸していなかったこともあり、気にかけてくれた乗務員のお姉さんがあやしてくれると娘はおとなしくなってくれた。ぐずっている娘を抱っこして、すでに疲弊していた私にまで「トイレは大丈夫ですか?」と心配りをしてくれるとは「さすがはサービス業のプロ」と感心してしまった。飛行機が離陸すると娘の機嫌もよくなり、機内で出されるジュースを「うめ~」と言いながら飲み干し、図々しくもおかわりまでもらう有様。乗務員が来るとジュースがもらえると悟った娘は彼女たちが近づくたびに「キター!!」と叫ぶようになってしまった。いったい。このような言葉はどこで憶えてくるのだろうか。将来が心配である。

ちなみに機内では窓側の席に座れたのだが、神戸の夜景が見られる席は反対側だったため、那覇を離陸して神戸空港に着くまでは、ほとんど何も見ることができなかった。百万ドルの神戸の夜景で疲れを癒したかったのだが、実に残念である。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

3月30日、この日はお転婆娘を王子動物園へ連れて行った。私自身、動物園に行くのはかれこれ15年ぐらいぶり、娘にとっては初めての動物園である。阪急電車に揺られて動物園を目指すのだが、途中の三宮・春日野道駅間は、かつて私のホームグラウンドでもあった地域で、車窓から見る街並みの変貌には驚かされた。その一方で、高校通学で毎日のように利用していた、かつての最寄り駅・阪急春日野道駅のホームがまったく変わっていなかったのはなんだか、ほっとするものがある(阪神の春日野道駅は大変貌を遂げたというのに)。

王子公園のソメイヨシノ

ところで、母から今年は桜の開花が遅いと聞かされていたのだが、王子動物園近辺の桜はポツポツと花をつけていた。ソメイヨシノの花を見るのも、5年ぶりになる。なぜなら沖縄にはソメイヨシノはないからだ。ちなみに、この日の夕刊によると神戸でも桜の開花宣言が出たそうだ。

さて、娘との動物園であるが、落ち着いて動物を見たのは、最初に見たフラミンゴと途中のアシカの水槽だけで、あとはわが道を行く"素通り"状態であった。私も楽しみにしていたジャイアントパンダは2頭とも背中を向けて寝転がり、見たという感じはしなかった。神戸在住の友人によると、あのパンダはほとんど寝転がってばかりで、起きて何かしているところを見るほうが珍しいとのことだ。そういえば昔、王子動物園へコアラを見に行ったことがあるのだが、コアラ舎で20分も粘ったにも関わらず、コアラはユーカリの木にしがみついたまま微動だにしなかった。当時「これならぬいぐるみを見たほうがまし」という感想をもったものだ。珍獣はそういうものなのだろうか。私が中学生のころ、ポートピア'81で見たパンダはよく動き回ってサービス精神旺盛であったような気がする。

そして、締めくくりに童謡や絵本で興味を示していた象を見せたのだが、娘は自力歩行に疲れ果て、私に抱っこされたまま、チラッと見ただけで、そのまま居眠りしてしまった。結局、1月に行った美ら海水族館での観覧態度とほとんど同じであった。1~2歳児に動物などを見せるのは無駄なことだったのだろうか。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

検索

google+

このアーカイブについて

阪神・淡路大震災

月別アーカイブ

購読・ブックマークに登録