Gmailで外部メールを取り込む方法

2007年3月 9日 03:00

Yahoo!メールやgooメールなど多くの無料メールサービスで行われているにもかかわらず、なぜかGmailでは"見かけない"サービスの一つに「外部メール」の取り込み機能があげられる。これは無料メールサービスからプロバイダ等のメールアドレスに届いたメールを受信する機能で、旅行や出張が多い人にとっては、パソコンを持ち歩かなくてもインターネットができる環境であれば、いつでもどこでもメールをチェックできることから重宝な機能でもある。

実はGmailでも、この「外部メール」を受信できる機能があるのだ。ただし現時点では日本語版に実装されていないことから、言語設定をいったん「English (US)」にする必要がある。

※2007年3月28日追記
日本語版でも外部メール取り込み機能が実装されました。また同時にGoogleアプリの独自ドメインのメールアドレスでも利用可能となりました。詳しくはこちらをご参考ください

設定方法は以下の通り。

  1. 「設定」の「全般」タブの「Gmail表示言語」を「English(US)」にして「変更を保存」ボタンを押す
  2. そして「Settings」から「Accounts」タブを開き「Get mail from other accounts」の項目にある「Add another mail account」のリンクを開く
  3. すると「Add a mail account」という別窓が開き、ここでGmailで取得したい外部メールアドレスを入力し「Next step」のボタンを押す
  4. 次に外部メールのアカウント、パスワード、POPサーバー、ポート番号等を入力する画面になるので、必要事項を入力し「Add Account」ボタンを押す(詳しくは上記画像をクリック)
    • 外部メールのサーバーにGmailで受信したメールを残す場合は「Leave a copy of retrieved message on the server.」にチェックする
  5. 主な設定はここで終わりだが、その後「設定した外部メールをGmailから送信できるようにしますか?」という意味の英文の画面になるので、ここからは利用状況に応じて設定する
  6. ちなみに、ここでYesを選択した後の設定手順は「メールアドレスを追加」機能と同じ。外部メールアドレスにGmailから確認メールが届くので、メールのリンクをクリックすれば、Gmailから外部メールのアドレスを使って送信できるようにもなる

上記設定後、言語設定を日本語に戻しても、外部メールの設定は引き継がれる。また、Gmailから外部メールの受信は約5分おきに行われる。英語版では「Accounts」タブの「Get mail from other accounts」の「View history」のリンクを開くことによりメールチェックの履歴を確認することもできる。

ちなみに、外部メール受信をやめる設定は以下の通り

  1. 言語設定を「English(US)」にする
  2. そして「Settings」の「Accounts」タブを開き「Get mail from other accounts」の項目にある「delete」のリンクを開く
  3. 「Are you sure you want to delete this mail account?」というダイヤログボックスが出るので「OK」ボタンを押す
  4. 「Loading...」後に設定画面から外部メールアドレスが消えれば完了

トラックバック(1)

トラックバックURL
https://cgi.kazamidori.net/mt/mt-tb.cgi/118

  1. blog.shimix.jp - GMail - MailFetcher2007年3月16日 12:30
    • GMailで外部メールが取り込めるようになっていますね。 #いつも参照させていただいている風見鶏の目でも紹介されてました。 私の管轄にあるメー...続きを読む

コメントする

検索

google+

このページについて

阪神・淡路大震災