2006年7月アーカイブ

絵本の読み聞かせ

2006年7月19日 00:00

我が娘も1歳になり、赤ちゃんから幼児に変貌を遂げようとしている。おでんくんを見て「エヘッ」と微笑むのを皮切りに、犬の絵や写真を見ると「ワンワン」、猫だと「ニャーン(どちらかといえば「ナーン」かも)」などと喋るようになった。こういった成長とともに、最近、絵本を読み聞かせると特定の絵本の特定のページで独特のリアクションを示すようになった。

娘は『はらぺこあおむし』という絵本がお気に入りであり、6~7ヶ月ぐらいのときから読み聞かせている。1歳になってから、あおむしが食べたものを紹介するページになると、読み聞かせを遮って「えっ?」と聞き返すようなそぶりをするようになった。声が聞こえにくいのかと思い、そのページをもう一度、読み直すとさらに「えっ?」。逆にそのまま読み進めると「えっ?」「えっ?」の連発である。他のページではそんなことはしないのに、なぜかこのページだけ「えっ?」なのである。最近は本棚からこの本を私のところへ持ってくるとき、自分でこのページを開けて「このページを読め」と言わんばかりに指図するようになった。いったい何が「えっ?」なのだろうか。娘がちゃんと喋られるようになったら事情聴取しようと思う。

ちなみにこの部分のフレーズを検索してみると、このページに限って、いろんなリアクションを示す乳幼児がいるようである。これは面白い傾向である。

ところで娘の謎の行動はまだある。童謡の絵本にあわせて「いとまき」の歌を歌っていると、途中で、よそ見をすることがあった。そこで青木さやか風に「どこ見てんのよ!!」と注意してやったのだが、この注意が娘のツボにはまったのか、ニヤ~っと笑って正面に向き直るではないか。以来、いとまきの歌のときだけは、よそ見をして、注意されるのを待っているのである。しょうがない娘である。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

ブラックな童謡

2006年7月22日 17:05

娘はCDやおもちゃなどから流れてくるメロディにあわせて手拍子をしたり、時にはお尻や手を振って踊ったりする。愚図っているときでも童謡のCDを聞かせるとゴキゲンになるぐらい音楽が好きなのだが、よく家で流している童謡のCDの中に変わった童謡が収録されている。

タイトルは「きのいいあひる」。その歌詞の一部を紹介したい。

♪むかしあひるは からだが大きくて
海も渡れば 魚も食べたよ
ランラララランラララ ランラララランラララ
ランラララランラララ ラララララララン

実に楽しそうなメロディで歌い上げる童謡なのだが、聞いているうちに、5番目の歌詞でこんな結末が待っていた。

♪とうとう人間に つかまえられて
気のいいあひるは 豚小屋暮らし
ランラララランラララ ランラララランラララ
ランラララランラララ ラララララララン

ちなみにこのCDのジャケットにはこんなキャッチコピーが書かれてあった。

初めて出会う音楽の世界...そんなお子様に優しいメロディが安心して夢の世界へ運んでくれます
この曲に限って言えば、メロディは優しいのだが、この歌詞は安心して夢の世界には行けないのではないかと思わずにはいられない。

※せめて「あひる小屋暮らし」にしてあげられないだろうか...

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

Google Analytics を使ってみる

2006年7月27日 09:30

先日から kazamidori.net の全ページに「Google Analytics」を導入した。「Google Analytics」とはGoogleが無料で提供しているアクセス解析サービスである。もともとは業務用にサイトを作成しているサイトオーナーへのネットマーケティング対策用として提供されているものだが、個人サイトでも利用できる。

独自ドメインでサイトを運用している場合、サーバーの生ログやアクセス統計を見ることができるのだが、このGoogle Analyticsはさらに詳しいデータを円グラフなどでグラフィカルに表示してくれる。例えば、各ページの平均閲覧時間や離脱率、直帰率といったデータをグラフや一覧表で表示してくれる。これはサーバーの生ログを細かく分析すればわからなくもないのだが面倒で時間がかかる。閲覧時間や離脱率ではアクセスしてきた人が何分(もしくは何秒)閲覧したのかが各ページごとにわかる。つまり閲覧者がそのページをどれだけ読んでもらえたかという指標になる。またリピート訪問数もチェックできる。会社やテキストサイトにおいて、これらの数値はカウンターの数字(ページビュー)よりも重要である。

次に訪問者の住所地の分類。これはフリーで提供されているアクセス解析サービスでも都道府県レベルでの分類をしてくれるが、Google Analyticsは、世界地図で可視的に表示してくれるほか、市区町村レベルの細かい分類もしてくれる。ある日の沖縄県の地域別アクセスを見ると那覇市や西原町からのアクセスに次いでMiyagi(宮城?)からのアクセスが記録されていた。これは、ひょっとして浦添市宮城地域のことなのだろうか。これはあまりにも詳しすぎる。

また「ウェブ デザインの情報」という項目では、訪問者の閲覧ソフトの分類、ディスプレイの解像度、色数はもちろんのこと回線速度(DSL,ダイヤルアップ等の分類)、インストールされているFlashのバージョンまで調べてくれる。このデータを活用すれば今後のデザイン変更の参考になるだろう。

ただ、全ページの解析をするには全ページにGoogle Analytics用のJavaScriptを埋め込まなければならない。これは厄介だが、Movable Typeを使ってサイトを構築している場合は、テンプレートに追加して再構築すれば簡単である。(また閲覧者側でJavaScriptを切ってしまえば、その閲覧者のデータは解析されない)

さて、まだまだ紹介できないぐらい詳しいデータを提供してくれるGoogle Analyticsのサービスを受けるには次のような手順を踏むことになるので興味をもたれた方は参考にしていただきたい。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

昨日、取り上げた「Google Analytics」について、単なる個人サイトでデータを活用するための「みどころ」を備忘録としてまとめてみた。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

方向音痴なGoogle Analytics

2006年7月31日 09:30

先日、Google Analyticsの「地域情報」で、Okinawaの項目の小分類で「Miyagi」という分類があることを取り上げたが、これについて、個々の項目を詳しく調べることができる「分析オプション」で見ると、宮城県のISPや、宮城県立の教育機関からの接続であることがわかった。沖縄にも「宮城」という地名はあるのだが、市町村名ではない。どうやら「利用ネットワーク (会社名) 」にMiyagiという文字列が入ると宮城県の接続が、なぜか沖縄県に分類されるようだ。ちなみに昨日のOkinawaの項目には「Misato」という分類があった。これは沖縄市の美里と思われるが、同様の方法で調べると「NTT-DO Corporation」からの接続であった。この会社はつい最近まで沖縄に実在していた会社であり「とんとんみ~」というISPを営業していた。間違いなく沖縄県内からの接続と思われるが、ここまで細かくわかるとは、やはり恐るべしといわざるを得ない。

ちなみに「Hyogo」にも兵庫県の地名に混ざって「Noda(野田)」「Temma(天満?)」「Toshima(豊島?)」という地名からのアクセスがあった。それぞれ全国ネットのISPからの接続のため、これらの地名が、なぜ兵庫県に分類されたかは不明である。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

検索

google+

このアーカイブについて

阪神・淡路大震災

月別アーカイブ

購読・ブックマークに登録