2007年2月アーカイブ

前回の記事「独自ドメインの危機管理」でも少し触れたが、1月31日の午後よりkazamidori.netドメインへのホームページ閲覧、メールの送受信が長時間にわたり全くできない状態になっていた。VALUE DOMAINの管理画面にアクセスすると「kazamidori.net」の管理情報が消えてしまっているではないか。すぐにVALUE DOMAINのサポートへ連絡し、一時は復旧したのだが、翌2月1日から再び同様のトラブルに遭い、それ以降、長期にわたりkazamidori.netドメインへアクセスができない状態となっている。

※1 この場合のDNS設定とはホームページやメールのサーバーと独自ドメインを繋ぐためためにある「ネームサーバー」と呼ばれるサーバーの設定

Google Analyticsのアクセス解析、XREAのサーバーログを確認したところ、2月1日午前5時以降のアクセスがほとんどないことがわかった。前日から問い合わせている件が、さらに悪化したことから、ログファイル等の証拠を添付して、VALUE DOMAINへ再三の事実確認をおこなったのだが、帰って来た返事は

通常は、24~48時間以内にご連絡差し上げておりますが、混雑時などはご返答までお時間をいただく場合がございます。現在、担当者が順次作業しております。ご返答まで今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

のみで、まったく埒があかなかった。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

15~6年前、とある業者団体で個人事業主の方々に対して記帳指導や税務申告に関わる仕事をしていたことがあり、この時期は何百枚という確定申告書の作成を行っていた。ただ業務として申告書の作成を請け負うと税理士法により罰せられるので、私が申告書のコピーに記入したものを事業主が自分で確定申告書に書き写す方法で申告してもらっていたが、控除額の計算や所得の種類の判別などに頭を悩ませていたものである。

それが今ではインターネットにつながっているパソコンがあれば数字を入力していくだけで簡単に作ることができる。2~3年前からあったみたいだが、私も自分の確定申告で初めて、このシステムを利用することになった。資料がそろってさえいれば申告書作成まで5分程度でできあがりである。最終的にはPDFファイルで出力される申告書を印刷して税務署に提出するだけでよい。

難しい控除額の計算...たとえば保険料控除の場合だと、支払った保険料の額を入力していけば自動的に計算される。自分の所得さえわかっていれば、税理士なんていらないのではないだろうか。

※控除の説明を見ていると、私がこの業者団体で働いていた頃と今とでは配偶者特別控除の定義がかなり変わったような気がする。いずれ廃止されるそうだが...

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

祝!!「風見鶏ねっと」復旧

2007年2月 6日 11:50

今、メールをチェックしたところ、kazamidori.netのメールボックスから一気に大量のメールが入ってきた。

Google Analytics解析グラフ

もしかして復旧したのか...と思いOperaを立ち上げると、予めOperaのRSSリーダーに登録してあるこのブログの1月31日に書いた記事を取得してきた。アクセスログを確認すると今日のアクセスの記録があり、kazamidori.netは復旧したようだ。いや、正確には、今のところ問題なくアクセスできているようである。

早速、VALUE DOMAINの管理画面にアクセスしたところ、kazamidori.netに関連する操作も可能になった。そしてVALUE DOMAINのスタッフからこれまでの経過の説明と謝罪の連絡が入っていた。

説明を要約すると

  1. 1月末、私がVALUE DOMAINの移管履歴をチェックした際に、なぜか今のデータではなく過去の移管前の管理業者の情報が参照されるようになってしまった(このため今のDNS情報が消えてしまった)
  2. このようなトラブルは前例がなく、復旧に時間がかかった

確かに最近、移管の履歴を確認していたのだが、このページは本当に確認だけで、何かを操作するような項目はない(移管中のドメインがあれば、キャンセルなどができるが、kazamidori.netは移管中ではないので操作することはできない)。本当なら、このページにその管理画面の画像を載せたかったのだが、過去の移管の履歴を見ただけで、移管前の管理業者のデータを読み込んでくるようでは、怖くて見ることもできない。したがって画像は割愛させて頂く。

とりあえず、kazamidori.netは約1週間ぶりに復旧したのである。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

Google Apps for Your Domain」利用者に対してGoogleが提唱しているSPFレコードの設定について、当ブログの「所有ドメインの偽装メールを防ぐ~SPFレコードの設定」(2006年11月22日)の中で、

eNom提供のDNSサーバー(dns*.name-services.com)の場合はSPFレコードの設定ができない

と書いたが、どうやら、eNom管理ドメインでも、できることがわかった。

eNomといえばVALUE DOMAINをはじめ国内の格安ドメイン管理業者が多くが利用し、アメリカではGoogleがGoogle Apps for Your Domainを通して独自ドメインを再販するサービスを行っているほど、世界的なドメイン管理業者である。

まず、自分が所有している独自ドメインがeNom社管理かどうかを確認するには、eNom社のwhois( http://www.enom.com/domains/whois.asp )から自分の所有しているドメインを入力して検索をする。所有ドメインがeNom社管理でない場合は「No results found」と表示されるが、eNom社管理だと所有者情報などが表示される。そして、ここで確認したいのが、一番下に出てくる「nameservers」の項目。「dns*.name-services.com」になっていれば、今から示す方法でSPFレコードの設定が可能である。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

とうとう独自ドメインとサーバーを無料で提供するところが現れた。それはあのマイクロソフトだ。

この無料サービスは「Office Live」と呼ばれるサーバーアプリケーションのベータ版(試験版)として提供されるもので、3種類のサービスのうち「Office Live Basics Beta」というサービスに申し込めば正式版になっても無料で利用できる。また表向きはビジネス用途になっているが個人でも申し込める。

おそらくこのサービスはマイクロソフトが最大のライバルと見ているGoogleの「Google Apps for Your Domain」に対抗するサービスだろう。

「Microsoft Office Live Basics Beta」の概要は下記の通りである。

  • 電子メール:25個
  • メールボックス容量:2GB
  • ホームページ容量:500MB
  • データ転送量:10GB
  • 無料で取得できるドメイン名:com、net、org

このサービスは「Office Live」のホームページ( http://office.microsoft.com/ja-jp/officelive/ )から申し込める。ただし、申込みにはWindows 2000以降のWindowsで、Internet Explorer 6以上の閲覧ソフトが必須となる。

また無料といっても申込みの時点でクレジットカードの情報も求められるので要注意である。なお、取得した独自ドメインはマイクロソフトではなく申込者の名義になるようだ。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

このほど一太郎でお馴染みのジャストシステムが「JUST BLOG(このように表記して「ジャストシステムブログ」と読ませるそうだ)」というブログサービスを開始した。世の中にはたくさんのブログサービスが乱立しているというのに、なぜ今になってブログサービスに新規参入なのか...と思っていたら、JUST BLOGでは他のブログサービスと違って、ブログ編集・管理ソフトというものが無料で提供されているというのだ。

一般的なブログサービスや、当サイトのように自分でサーバーにインストールするブログでも、ブラウザから投稿するためのページにアクセスして投稿や編集を行うの当たり前である。JUST BLOGでもこのような方法で投稿や編集ができるというのに、なぜ、ここにきてパソコンにインストールして使う「ブログ編集ソフト」を提供するのだろうか。

このソフトの名前は「xfy Blog Editor」(バージョン情報を見ると「xfy Personal Client 1.0」となっている)といい、ジャストシステムが研究開発している「xfy」と呼ばれる技術が使われている。これはデータの作成などでプログラムが違っても互換性が保てる言語である「XML」というものを簡単に開発することができる技術のこと。基本的にブログもXMLの仲間である「XHTML」という言語で出力されているので、xfyを普及させたいジャストシステムにとっては、この技術を一般に普及させるチャンスだと思っているのかもしれない。

さて、技術的、政策的なことはさておき、この「xfy Blog Editor」はJUST BLOGだけではなく、当サイトでも使っているブログツールMovable Typeにも対応しているそうなので、早速、インストールして使ってみた。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

Google検索の威力

2007年2月22日 16:00

最近、私が代表を務める「関西じゃりン子チエ研究会」のホームページ (以下「関じゃり研」と略す。URL=http://www.jarinko.com/)へのアクセス数が落ち込んでいる。Google Analyticsのデータを見ると、特にこの1週間はGoogle検索からの訪問者は激減していることがわかった。

具体的には、最近、Google検索で最も訪問者が多かった今年1月8日には訪問数235人(ページビュー数735)であり、このうちGoogle経由でアクセスしてきた人の割合は30.21%(71人)であったが、これに対して、2月21日は訪問数123人(ページビュー数447)で、このうちGoogle経由でアクセスしてきた人の割合は8.94%(11人)であった。一概にGoogle検索で訪問した人が減ったから訪問数が減ったとは言い切れないが、訪問数が減った大きな原因の一つであることには間違いない。

それでは検索キーワードで一番多い「じゃりン子チエ」で"ググる"と...「関西じゃりン子チエ研究会」は4位ではないか(この記事執筆時点)。しかも3位のサイトは関じゃり研メンバーが作ったサイトである。ちなみに、これまでは公式サイトに次いで第2位であった。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

検索

google+

このアーカイブについて

阪神・淡路大震災

月別アーカイブ

購読・ブックマークに登録