2006年10月アーカイブ

寝込みを襲う者

2006年10月11日 22:10

最近は沖縄でも朝晩が涼しく感じられるようになった。夏のあいだ、一晩中、消すことがなかったクーラーも、今ではつけることもなく、ぐっすり眠れるようになった。しかし、である。クーラー無しで眠りにつくようになってから、私の寝込みを襲う者が出現した。

熟睡しているとき、特に寝苦しくもないのに、夜中、なぜか"視線"を感じて目覚めることがある。ふと、目を開けると、真っ暗な部屋の中で1歳5ヶ月になる娘が無表情な顔で上から私の顔をのぞき込んでいるではないか!!

娘は私が目覚めたのを確認すると、無言で私の体にもたれかかってくる。まだ1歳なので言葉で意思を通わすことはできないが、不思議なことに、この時だけは、娘が何を訴えようとしているのか、なんとなくわかるのである。

おもむろに枕元にあったリモコンでクーラーをつけると、娘は私の体から離れ、布団の上を寝返りしながら「ねんね」という一言を残して、眠りにつく。

これが今週に入ってから毎日続いている。まるで無言の「お父さんスイッチ」である。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

Yahoo!検索はおかしい!!

2006年10月13日 23:00

昨日あたりから「血が飛び散った画像」「飛び散った血の画像」という検索語でアクセスしてくる方が増えている。「そんな画像はないのに...」と思いつつ、Yahoo!で検索すると、なんと当サイトが1位に出てくるではないか!!(今日現在) 残念ながら当サイトには血の画像はない。たぶん、今後もないだろう。

※この記事を発表することによって、ますますこの語句で検索に引っかかりやすくなるという悪循環...orz

ちなみにGoogleで同じ語句を検索したところ当サイトはまったく出てこなかった。いったいYahoo!はどのような基準で検索結果を出しているのだろうか。その一方で、こんな言葉で検索してくる人が多いとは、世の中、血に飢えている人が多いのだろうか。

これは極端な例ではあるが、アクセス統計をみてもYahoo!検索を利用している人は、必ずしも検索語とは意図しないページを訪れているようである。もちろんこれは訪問者が悪いのではなく、Yahoo!の検索が悪いのだが、Yahoo!には利用者の要求にマッチしたページが検索できるよう改善を望みたい。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

「きっこの日記」が書籍化され、オンライン書店では売り切れ続出のようである。個人的には「電車男」をはじめ、インターネットで無料で読めるものをわざわざ書店で買う必要があるのか...とも思うのだが、デジタルの時代になっても、本として読みたい欲求はまだまだ根強いものがある。

ところで商業ベースでなくとも、自分のブログを本として残したい人も多いのではないだろうか。最近は一部のレンタルブログサービスで1冊から本を作ってくれるサービスを提供しているところがあるが、私のようにMovable Typeをサーバーにインストールして記事を書き綴っている人は、まず、このようなサービスには、ありつけない...と思っていたら、探せばあるものである。「BizPalブログ製本サービス MyBooks.jp」ではMovable Typeのブログから本を作ってくれる。

予めユーザー登録(無料)をする必要があるが、

  1. データの送信(後述)
  2. 書籍印刷前のPDFファイルのダウンロード(ここまでは無料)
  3. 書籍印刷の注文(代金はクレジット決裁)

という手順を踏んで、本を作ることができる。PDFファイルまでは無料で作成できるので、自分のブログを本にするとどんな感じになるのか興味がある方は試してみてはいかがだろうか。ちなみに書籍化の料金はB6判200ページの本を1冊作ると送料、消費税込みで3,000円程度になる(部数が増えれば1冊あたりの単価は下がる)。

参考までに、当サイトを書籍化した場合のPDFファイルはこちらをご覧いただきたい。最初の記事から前々回の記事まで86件あるのだが、B6判の書籍にすると206ページにもなった(PDFファイルサイズは約1,4MB)。

書籍化は単なる自己満足だけではなく、例えば、Movable Typeで育児日記をつけているのであれば、1年ごとに保存用の育児日記として書籍化してみたり、また子供が成長したときに、その本をプレゼントするという用途にも使えるだろう。また食べ歩きや旅行の記録をブログにしているのであれば、自分だけのガイドブックを作ることができる。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

なぜ「テーッ」なのか?

2006年10月29日 00:30

娘が時々、変な行動をとることがある。1歳児の行動のほとんどは謎めいたことが多いのだが、その中でも、とりわけ気になっているのは、機嫌よく遊んでいる時、突然、真顔になり、相手の目を1秒ほど、じっと見つめ、押し殺したような声で「テーッ」とつぶやき、相手の鼻の穴をめがけて、自分の指を突っ込んでくる行為である。この謎の行動による被害は私や妻だけにとどまらず、保育園の先生にまで及んでいる。

これは娘が1歳になる直前から始まり、今でも何の前触れもなく行われる。彼女にしてみると、ちょっとした遊びなのかも知れないが、よくわからないのは、なぜ「テーッ」とつぶやくのか...娘と会話ができるようになったら、真っ先に問い詰めてみたい。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

検索

google+

このアーカイブについて

阪神・淡路大震災

月別アーカイブ

購読・ブックマークに登録