infoドメイン偽装取得事件

  • 投稿日:
  • by

今月に入って、インターネットの住所にあたる「ドメイン」のうち、一部の「.info」ドメインが、登録者の知らないところで登録されているという怪事件が起こっている。具体的には、たとえば「example.com」あるいは「example.net」というドメインを所有していた人の名義で「example.info」のドメインが知らず知らずのうちにとられているというのだ。まさかと思い、私の名義で取得している2つのドメインで「.info」を調べてみると、1つのドメインの「.info」が私の知らないところで私の名義で取得されていることがわかった。

最近は.comや.netといったドメインは1,000円以下/年で取得できるが、このように格安でドメインが取得できる業者を経由してドメインを取得している人が、この事件の"被害者"になっているようである。
"被害者"といっても、管理費用を請求されるなどといった被害はないのだが、自分の名義で自分の知らないドメインが取得されているのは気持ちのよいものではない。しかも連絡先のメールアドレスが自分のものになっているので、この身に覚えのないドメインの期限が切れると、ドメインの更新の催促がくる可能性がある(更新する気がなければ無視すればいいだけのことなのだが)。

ドメイン取得代行業者もこの怪事件には手をこまねいているようで、上位の登録業者に確認をとっているようだが、具体的な対策はないのが現状である。特に実害はないのだが、釈然としない。