2008年10月アーカイブ

Gmailの怪しい新機能

2008年10月11日 10:00

最近、Google AppsではないGmail(gmail.com)のメールアドレスを全く利用していないことに気がづいた。何しろ独自ドメインでgmail.comのGmailと同じ機能のメールサービスを利用していると、どうしてもgmail.comは使わなくなってしまう。メールソフトにもgmail.comのアドレスは設定していない。

gmail.comのアドレスはWhois(独自ドメインの所有者情報)の連絡先のアドレスにしているため、ドメイン名の更新の連絡など事務的なメールが時々入ってくる程度で、迷惑メールも全くないほど"過疎化"しているメールアドレスなのだ。また、このアドレスに届いたメールはGoogle Apps側のメールアドレスから「Mail Fetcher」で自動的に取り込んでいるため、直接、アクセスすることもなかった。

最近、Gmailにいろんな機能が追加できるらしいという噂を耳にしたことから、久しぶりにWebからGmailにアクセスしてみた。噂では設定画面で言語を「English (US)」にすると機能を追加できるというもの。しかし、この方法で裏技的にGmailの機能を拡張する方法は当サイトでも過去に何度か紹介している。しかし今回の機能は、これまでのものとは一線を画すものだった。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

「Gmail Labs」の概要については前回の記事で簡単に触れたが、ここではGmail日本語版において現時点で利用できる25種類のGmail Labsについてまとめておく。

公式にはGmail Labsは「English (US)」バージョンのみで利用できるが、一部は日本語化されているものもあり、内容によってはGmailの使用感を向上させる機能もあることから、日本語版で使用できるものをすべて列挙した。

なお、日本語版で使用するに当たって、機能を追加するには、設定画面の「言語」を「English (US)」にして機能を追加後、「日本語」にもどす必要がある。その手順は以下の通り。

  1. Webメール右上の「設定」のリンクを開き、「全般」タブの「言語」で「English (US)」にして設定画面の下にある「変更の保存」ボタンを押す
  2. 「他のGoogleの機能の表示言語も[英語(アメリカ)]に変更しますか?」というメッセージが表示されるので「変更しない」ボタンを押す
  3. 英語版のInbox (受信ボックス)画面になるので、右上の「Settings」のリンクを開き「Labs」タブを開く
  4. 追加したい機能のチェック項目を「Enable」にして、画面下の「Save Changes」ボタンを押す
  5. Inbox (受信ボックス)画面に戻るので、再度、右上の「Settings」のリンクを開き「General」タブの「Language」を「日本語」にして「Save Changes」ボタンを押す。これで日本語版で選択した「Gmail Labs」が利用できる

日本語版で利用できる「Gmail Labs」と設定方法は以下の通り。括弧内は日本語化したときに表示される日本語表示を示している。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

2008年10月のGmail Labs

2008年10月25日 16:16

各ニュースサイト等でもご存じの方が多いかも知れないが、今週はGmailで以下の機能の追加が実施された。

  1. Gmail Labsに「Canned Responses」(返信定型文)機能が追加
  2. GoogleAppsのメールでもGmail Labsが導入されはじめる
    • 現時点で導入されていないドメインもあるが、順次、導入されるものと思われる
  3. 「連絡先」(アドレス帳)の仕様変更
  4. Gmailに絵文字メール送信機能

3、4はGmail Labsとは別機能なので本稿では取り上げないが、当ブログでは、今月はGmail Labsの話題を取り上げている手前、その後、追加された新機能についても補完しておきたい。

Canned Responses (返信定型文)
ユーザーが任意に設定した条件のメールに対して、定型の返信を自動的に返信する機能である。個人ではあまり使うことはないかもしれないが、使いようによってはいろんな使い方が可能ではないだろうか。とりわけ今週からはGoogle AppsにもGmail Labsが導入されはじめていることもあって業務での利用も考えられる。

設定方法は以下の通りである。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

最近、沖縄の子供たちの間で熱く語られているヒーローがいる。それはゴーオンジャーでもなければ仮面ライダーキバでもない。そのヒーローの名は「琉神マブヤー」。名前から察するとおり沖縄のヒーローである。

数年前からローカルヒーローというものが流行しているが、なんと、この「琉神マブヤー」は10月から沖縄でTVでも放送され、沖縄の子供たちの心をわしづかみにしているのだ。なにしろ我が3歳の娘も「琉神マブヤー」にはまり、プリキュアよりも夢中になって見ている。

さて、この「琉神マブヤー」。県外の方々にわかりやすく説明すると「仮面ライダー」を沖縄風にパロディにしたものといえばいいだろうか。その完成度はパロディというには失礼かもしれない。ヒーローの「琉神マブヤー」は、沖縄県民の心を司る「マブイストーン」を奪おうとする「悪の組織マジムン」と戦う。ありきたりな勧善懲悪のストーリーであるが、実は毎回、沖縄の文化、風習などが所々に盛り込まれ、それは子供だけのものではなく、私のようなナイチャーの大人が見ても、興味深い内容となっている。

詳しくは公式サイトを見ていただくとして、「琉神マブヤー」は、普段、やちむん(焼き物、陶芸)修行中のカナイという青年の中におり「悪の軍団マジムン」(「マジムン」とは、ウチナーグチで「魔物、化け物」という意味)が行動を起こすと、カナイは「琉神マブヤー」に変身して、マジムンたちをやっつける。必殺技は「スーパーメーゴーサー(「メーゴーサー」とはウチナーグチで「げんこつ」という意味)」。

[2008年11月8日追記]第6話で新しい必殺技「ティーダヤーチュー」が登場した。「ティーダ」は「太陽」。「ヤーチュー」は「お灸を据える」という意味。ちなみに琉神マブヤーは変身しなくてもこの技が使える

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

検索

google+

このアーカイブについて

阪神・淡路大震災

月別アーカイブ

購読・ブックマークに登録