2007年6月アーカイブ

3~4年ぐらい前、私が関わったとあるサイトのアクセス解析を眺めていると、弱視の方が作成されたサイトからのリンクがあった。リンク自体は普通のリンク集にあったものだが、その方のサイトを訪れると全盲ではないものの、ほとんど視力のない方に見やすいホームページを心がけているという話があり、そのときは思わず見入ってしまった。弱視者にとって大きな文字が見やすいのは当然のことであるが、背景は黒系統、文字は白系統のコントラストの強いデザインにするとさらに見やすいという。私自身も生まれつきの目の病気の影響で目が悪いのだが、メガネをかければ普通に生活できるので気にもしていなかったものの、その解説には衝撃を受けたものである。

※ちなみに「弱視」の定義は眼科医の間でも判断が分かれていて、矯正視力0.7以下(自動車の運転免許が取れる基準以下の視力)を「弱視」と判断する医師もいれば、矯正視力0.3以下を弱視という判断する医師もいるようです。また視力がよくても色覚が判別しにくい人も「弱視」とされます。

それ以来、少しずつ、弱視者にも、普通の人(弱視者に対して「晴眼者」という)にも見やすいサイトをつくることを心がけてきたつもりであるが、その課程で「色弱者」という存在を知った。色弱者とは、不適切な表現かもしれないが、いわゆる「色盲」のことである。一般的には「緑と赤の区別ができない」と言われているが、実はそれだけではない。黄色がピンク色に見えるタイプの人もいるそうだ。しかも色弱者の割合は意外に多く、男性で20人に1人、女性で500人に1人が色弱者だという。

単に視力が弱い人向けのホームページであれば、先に述べた通り、文字を大きくしてコントラストを強くするだけで、ある程度は解決できるが、色弱者にも見やすいサイトを作るには、かなり複雑なのである。しかも晴眼者にも違和感がないデザインとなると、難易度の高いデザインが要求される。

最近、私の周りでは「カラーバリアフリー」とか「カラーユニバーサルデザイン」で作られたものをよく見かける。たとえば那覇市の広報紙『なは市民の友』は2003年から色弱者に配慮した色の構成になっているというし、沖縄の新聞『沖縄タイムス』も今年4月から「カラーユニバーサルデザイン」を採用している。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

俺は男だ!!

2007年6月 7日 06:00

今回は、このブログにしては珍しく時事ネタである。最近、ニュースを賑わしていると言えば年金問題。なんと基礎年金番号の統合漏れや記録の不備によって宙に浮いた年金が5,000万件もあるという。基礎年金番号が一人一つに統合されたのは1997年1月のこと。この10年間に「まだ」5,000万件も不明な記録があるにも関わらず、政府・与党は1年間で5,000万件の照合を終わらせるというではないか。普通に考えても10年でできなかった仕事を1年で終わらせるとは無理な話で、そんな能力が社会保険庁にあるのなら5,000万件もの取りこぼしはないはずである。

さて、この5,000万件の中には氏名や生年月日といった個人情報の入力ミスも多くあるという。全く報道されていないが、中には「性別」まで間違えられていた人もいる。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

6月12日からYahoo!JAPANの検索結果の表示が微妙に変わったのをご存知だろうか。検索結果画面に「Yahoo!ブックマーク」の登録者数が表示されるようになったのだ。実は最近の検索エンジン対策(SEO)では「ソーシャルブックマーク」に多く登録されたサイトほど、検索エンジンの上位に表示させる傾向があるといわれている。

現在でもGoogleのヘルプにある通り、有名サイトからのリンクが多いサイトはGoogleの検索結果の上位に表示されやすいといわれ、SEOを施す上での常識とされてきた。一時期は有名サイトにやたらと相互リンクを要求するサイト管理者や有名ブログへ記事とは無関係なトラックバックを送信するブロガーが後を絶たなかった。しかし、2~3年前あたりから、このような行為を繰り返し行ってきたサイトに対して検索結果が著しく下位に表示されるように調整されている。またブログにいたっては迷惑トラックバックを表示しない対策も取られ、むしろ、このような行為がSEOでは通用しないどころか逆効果になりつつある。

※SEOに対するGoogleの見解はこちらをご参考ください。

そんな中、最近、注目されているのがソーシャルブックマークによるリンクの数である。ソーシャルブックマークとはネット上に自分のブックマークを公開するサービスである。国内では「はてなブックマーク」が有名である。これらのサービスはインターネット利用者が有用な情報であるという前提でリンクが貼られ公開されるものであり、その数が多ければ多いほど、純粋にそのサイトの内容はクオリティが高いサイトであると判断できる。このことから検索サイトのクローラーも普通のリンク集よりも重要視していると考えられている。

当サイトも4ヶ月ほど前から主要ソーシャルブックマークへ簡単に登録できるリンクを設置している。また我々のようなブログに限らず「Yahoo!ニュース」でも各記事にソーシャルブックマークへの登録用リンクが付いていることから、ポータルサイトでもソーシャルブックマークの存在を重要視していることが伺える。

※ちなみに風見鶏ねっと内の「はてなブックマーク」における登録状況は下記のURLで確認することができます
http://b.hatena.ne.jp/bookmarklist?url=kazamidori.net

さて、Yahoo!ブックマークは古くからあるブックマークサービスで、私も10年近く愛用しているが、今年に入ってからソーシャルブックマーク機能が追加された。このジャンルではかなり後発であるが、Yahoo!の検索結果では従来の非公開のブックマーク数も集計していることから、今後の検索結果にどのように反映されるか注視したい。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

検索

google+

このアーカイブについて

阪神・淡路大震災

月別アーカイブ

購読・ブックマークに登録