2004年5月アーカイブ

実は突発的な思いつきで、1日から神戸に帰省している。

突然の思いつきとはいえ実家には沖縄土産を持参しなければならないのは当然であり、沖縄で買い込み、神戸に帰ってきたわけだが、2日付けの『神戸新聞』朝刊を見て、びっくりしてしまった。なんとテレビ欄下の目立つところに「わしたショップ三宮店オープン」の広告がデカデカと出ているではないか。

「何のために、重い思いをして土産を買ってきたのか...」

早速、オープン初日に、その「わしたショップ三宮店」を偵察してきた。三宮店はセンター街とセンタープラザの地下1階の2か所にある。最初に覗いたのはセンター街の「わしたショップ」。実母とわれわれ夫婦で言ったのだが、あまりにも小さいではないか。だが店員さんから1枚の地図と粗品引換券をもらった。それにはセンタープラザ地下にもあるというではないか。とりあえず、その地下へ行ってみた。

センタープラザのエスカレーターで那覇市観光キャンペーンの女性がにこやかに「わしたショップはこの下です」とほほえみかける。神戸で生まれ育ち30年以上も神戸に住んでいたとはいえ、今は本籍も住民票も那覇市にある私にとって妙であった。そのエスカレーターを降りて左側に、比較的大きな「わしたショップ」があった。新垣のちんすこうも、海ぶどうも沖縄そばも...今回、沖縄で買ったものがすべてここにあるではないですか(笑)。しかも先週、那覇で妻にプレゼントした「ちゅら玉」も...(笑)。

とりあえず粗品引換券をもらったので粗品の「もろみ酢」をもらう。粗品を渡していた女性に一言...
「実は私たち沖縄から来たんですよ」
女性は苦笑していた。

washita.jpg

「わしたショップ三宮店」携帯のカメラで撮影。
参考:沖縄県物産公社・わしたショップ

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

神戸空港の「空弁」?

2004年5月 4日 18:49

今日、那覇に帰ってきた。
 帰りの飛行機がちょうどお昼時ということもあり、伊丹空港で噂の「空弁」(空港弁当)を買ってみた。ん!なぜ、こんな所に風見鶏の絵が入った弁当が...。

bentou.jpg

よくみると新神戸駅の駅弁でおなじみ「淡路屋」謹製の「空弁」ではないか。しかし、ここは伊丹空港。ひょっとして、いずれは神戸空港の空弁になるのではないのか?

中身の写真も撮りたかったのだが、写真撮影とはいえ機内で携帯電話の電源をいれるのはよくないので、撮ることはできなかったが、弁当の中身は次のようなモノが入っていた。

  • 竹の子ご飯
  • 卵焼き
  • 昆布巻き
  • 焼き魚
  • 牛肉の煮物
  • イカナゴの釘煮
  • 三色団子
  • 桜餅...など

牛肉の煮物、イカナゴはいかにも「神戸」をイメージしたものであるが、これは伊丹空港の空弁である。

参考:お弁当の淡路屋
(サイト上には空弁の情報はなかった)

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

思わずオーバーラン

2004年5月 4日 19:00

午後2時前に那覇空港に到着。「ゆいれーる」で帰ってきた。

おもろまち駅まで乗ったのだが、客が減っていると報道されている割には、意外に客が乗っているではないか。それはともかく、壺川駅に停車するとき、ホームの停車位置より1m前後、オーバーランした。車掌の「停車位置が少しずれましたので、バックします」の車内放送とともに、モノレールはバック。モノレールという最新の交通機関の中なのに、時間がゆったり流れているような、のどかな光景...沖縄に帰ってきたんだなぁ...と思ってしまった。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

花火が見える家

2004年5月 5日 22:43

年に一度、ここに住んでよかったと思う時期がやってきた。

5月3日~5日にかけて那覇市に初夏の訪れを告げる「那覇ハーリー」というお祭りがある。ハーリーとは「爬龍船」という船のことで、学校や職場のグループごとにチームを組み、この船の競漕が行われる。祭り期間中、毎晩、花火が打ち上げられるのだが、なんと、この花火、私が住むマンションのベランダから間近に見ることができるのだ。

花火

この花火を見るため、市内の各道路では大渋滞が巻き起こるのだが、このような「世間の荒波」にもまれることなく、クーラーのある部屋から、まったりと眺める花火は至福のひとときである、一昨日は神戸・北野坂で「インフィオラータ」を見て、昨日と今日は那覇で花火を愛でて...まさに目の保養となったゴールデンウイークだった。

参考:琉球はナビイリュージョンin那覇ハーリー(沖縄テレビ)

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

ず~っと「中休み」

2004年5月29日 16:11

中休みといってもこのサイトの更新のことではない。「梅雨の中休み」のことである。

今日、九州、四国、中国地方で梅雨入りしたようだが、ここ沖縄では5月5日に梅雨入りしている。このブログでも取り上げている通り、沖縄では水不足が懸念され、本島での貯水率は50%前後の状態がここ1ヶ月以上続いている。このため県民の梅雨への期待は大きかったのだが、未だまとまった雨はない。

全国の天気予報で、よく耳にするのが「すでに梅雨入りしている沖縄では梅雨の中休みとなるでしょう」のせりふ。はっきり言って、入梅から今まで、中休みのほうが多いではないか。雨が降ると言っても、夕立や通り雨のようなものばかり。これでも梅雨といえるのか。梅雨に人格があるとすれば「まじめに仕事しろ」と言ってやりたい。

taiyo.jpg

実は当サイトへのアクセス記録を見ると「沖縄 貯水率」という検索語でアクセスしてくる人が結構いる。その多くは沖縄県内からのもので、なぜか嘉手納基地内からのアクセスも多い。「雨」の話題は全県的な関心事といってもよいだろう。

今日も那覇は晴れである。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

検索

google+

このアーカイブについて

阪神・淡路大震災

月別アーカイブ

購読・ブックマークに登録