2009年10月アーカイブ

「Google Short Links」とは独自ドメインを使った短いURLから長いURLのサイトに転送する機能である。たとえば掲示板やメールに長いURLを貼ると、改行などによって途中でアンカーが切れてしまうことがある。それを短いURLに置き換えることによってアンカー切れを防止したり、あるいは視認性の高いわかりやすいURLに置き換えることができる。個人ユースでは携帯メール宛へ短くてわかりやすいURLを送ることで、メールの文字数を抑える効果が期待できる。

このような「短縮URL」のサービスは既に存在しているが「Google Short Links」は、これを自分が所有している独自ドメインでやってしまおうというものだ。ただ独自ドメインや設定したサブドメイン自体が長いと、あまり意味がない。

サンプルとして下記のURLを参考にしていただきたい。
http://chie.jarinko.com/book
このアドレスをクリックするとAmazonの『じゃりン子チエの秘密』という本の紹介ページへ転送される。28文字のURLから66文字のURLへ転送である。

実際にこの機能を自分が所有する独自ドメインで使用するには、当サイトの記事「オバマ大統領御用達、Google Appsの地味な追加機能」記載の手順で「Google Short Links」を追加する。そして手順13で「Short Links の設定」画面になる。

Google Short Links

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

この機能自体はGoogle Appsサービス開始当初から存在していたが「メーリングリスト」という名前だったこともあり、何かと「使えない」機能であった。「メーリングリスト」と言われると、大勢の人とメールでディスカッションをする機能と思われるがGoogle Appsの「メーリングリスト」は単なる同報メールを送るだけの機能であった。

Googleでも、単なる同報メール用アドレスを「メーリングリスト」と名乗るのは気が引けたのか、いつの間にか「グループ」という名前に変えたようだ。それだけではなく、この「グループ」のアドレスに対してアクセス権の設定ができるようになった。

もし「メーリングリスト」時代に同報メールを使っていた方は、今一度設定を見直すことにより、一歩進んだ同報メールとして活用できるかも知れない。

「グループ」設定は以下の通り

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

検索

google+

このアーカイブについて

阪神・淡路大震災

月別アーカイブ

購読・ブックマークに登録