2006年4月アーカイブ

父親の面目丸つぶれ

2006年4月19日 10:58

11ヶ月になる娘が熱を出してしまった。

これまで風邪ひとつ引かなかったのだが、やはり保育園に通うようになると病気は避けて通れないようである。最初、妻が病院に連れて行ったが、その日の夜、飲んだミルクを吐くという新たな症状が出てきたため、翌日、私が電話した上で同じ病院へ連れて行くことにした。病院の診察では「昨日出した薬を飲み続けろ」という、つれない返事であった。それはそれでいいのだが(実はよくない。詳しくは後述)、困ったのは診察前の体温を図る段取りで、娘が体温計を嫌がり、ぐずり始めたのだ。

しかも、娘は「ママ~、ママ~」と泣くではないか。

最近、娘がぐずるとき、よく「ママ~」と叫ぶことがあった。ママ=母親を指して「ママ」と言ってるのかどうかわからないが、病院で「ママ~」と叫ばれると、父親の面目丸つぶれである。私が娘を嫌がっているみたいではないか。看護婦さんに笑われたことは書くまでもない。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

ひが実今月に入ってから「沖縄のニューリーダー ひが実」という怪しいステッカーが街中に貼られているのが目に付くようになった。それは電柱や信号機の支柱、電話ボックスに至るまで、貼り紙ができそうなところは必ずといっていいほど貼ってある。また、緑に赤文字という決して趣味がいいとは言えない色使いで、それゆえにただでさえ雑然な那覇市街の景観をさらに汚しているのだ。

ところで沖縄県は「美ら島おきなわ観光宣言」(観光立県宣言)に基づき、県民に対して街の美化、ごみやタバコのポイ捨て禁止などを啓発している。まもなくゴールデンウィークを控え、観光シーズン本番を迎える沖縄の玄関口である那覇市街にこのステッカーが貼り巡らされている光景を観光客はどう思うだろうか。

おそらく「沖縄のニューリーダー ひが実」という人物は今後、何かの選挙に立候補するのだろう。彼は「ひが」という苗字から生粋のウチナンチュと思われるが、ナイチャーの私でさえ嫌悪感を覚えるほど景観を乱すようなことをしてまで選挙に通りたいのだろうか。

ちなみにこのステッカーの左下には小さな文字で「じゃまになるようであればお取りください」という注意書きが書き添えられている。自分で「じゃま」と認識しているのであれば、最初から貼らなければいいのに...と思いつつ、今後も「沖縄のニューリーダー ひが実」氏の動きは生暖かく見守ろうと思う。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

検索

google+

このアーカイブについて

阪神・淡路大震災

月別アーカイブ

購読・ブックマークに登録