Google Adsenseのテニスゲームをやってみた

2013年6月30日 12:15

このサイトに貼り付けている広告はGoogle Adsenseという、Googleが提供している広告である。「レンタルサーバー代になればいいな」と言う意味あいで設置しているが、当サイトのような零細極小規模のサイトでは、はっきりといってお小遣いにもならない。それでも「今日はいくら収入があったかな」と、ついつい管理画面をのぞいてしまう。

Google Adsenseの管理画面

最近、Google Adsenseの管理画面に10周年の記念のロゴのようなマークが入るようになった。これを見て「Google Adsenseは10周年なんだな」という程度しか思っていなかったのだが、今日、何気なくクリックしたら、昔のテレビゲームにありがちな簡単なテニスゲームができるようになっていたことがわかった。

Google Adsenseの管理画面でできるテニスゲーム

暇つぶしにちょうどいいので、やってみることにする。相手はCPUである。つい10日ほど前に今まで使っていたパソコンが壊れたので、新しいパソコンを買った。しかし、2013年夏モデルを買ったのに、CPU弱すぎではないか?

Google Adsenseの管理画面でできるテニスゲーム

こんなことで新調したパソコンの性能を思い知らされるとは思わなかった。

が、それは相手を油断させるまやかしであった。このゲーム、どちらかが10点を取るといわゆる「1面をクリア」となり、希望によりゲームを続けることができるが、続行するとボールの動きがだんだんと速くなってくるのである。3面目までいくと、さすがにCPUに負けてしまった。

ちなみにこのゲーム、ロゴをクリックしなくても、ロゴの上にマウスポインタを置くだけでもゲームが始まるので、業務でこの画面にアクセスしている人は注意していただきたい。

Googleのゲームといえば、5年前に当サイトで、Gmailの拡張機能である「Gmail labs」を利用して、Gmail上で「Old Snakey」というゲームができることを紹介したのだが、この機能が、いつの間にか消えてしまっていた。
今回のGoogle Adsenseのテニスゲームも10周年記念ということで、暫定的なゲームと思われる。まだ試していない方は、早めにプレイされることをおすすめしたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL
http://cgi.kazamidori.net/mt/mt-tb.cgi/524

コメントする

検索

google+

このページについて

阪神・淡路大震災