My Favorite Stamps Gallery2000年7月1日更新
ふるさと切手沖縄県版
「パイナップル」
熊本県
草野美智子様
ふるさと切手沖縄県版「パイナップル」  沖縄へ行って来ました。今回は移民の島で知られる石垣島で、台湾系移民の人々の生活と産業についてインタビュ-をさせてもらいました。
 石垣と言えば、椎名誠の「うみ そら さんごのいいつたえ」ではないけれど、泳いで焼けるレジャ-産業の顔と同時に、今ではマンゴ-やドラゴンフル-ツなどトロピカル果実の産地として知られています。
 そのなかでパインは今日では格別珍しくもない普通の果実になっていますが、昭和初期に台湾からパインの苗がもたらされて以降、入植移民の人達が栽培を始めたのが、その最初です。パイン景気に湧いた昭和40年前後、島の暮らしを支えた基幹産業であったようです。
 何気なく何だパインかと思ってみていた図柄も、幾多の苦労を経て、実ったものだと知ると、簡単には見過ごせない思いがして、当地で切手を買い求めたものでした。

●この切手のデータ
この切手は、すでに「ふるさと切手博物館」で展示しています。
この切手の詳しい情報は、ここをクリックしてください。


前の展示へ思い出の切手トップページ出口へ順路