自然の最近のブログ記事

沖縄だって冬は寒かった

2004年2月20日 22:40

最近、直接HTMLファイルをいじくってホームページの更新をするのがめんどくさくなってきた。でも、何か書いてみたい......そこで何かいい方法はないかと思っていたところ、今、ネット上で流行の「ウェブログ」で使われている「Movable Type」を導入してみた。

「ウェブログって何?」
厳密にはいろいろな定義があるものの、現在、日本における「ウェブログ」といえば個人サイトの日記サイトにいろいろな機能を付けたようなもの...とお考えいただくとわかりやすいだろうか。とはいえ毎日更新はとても無理なので、今まで通り「気まぐれ」で更新していこうと思っている。

さて、以前から当サイトをチェックされている方はご存じとは思うが、私は2年前、生まれ育った神戸から沖縄は那覇へ移住した。冬になると神戸方面からいつも聞こえてくるのは「沖縄は温かくてええなぁ」という声。確かに最初の冬は「沖縄の冬は、やっぱり暖房、いらんやん」と、正直、全く部屋の暖房をつけなかった。ところが今年の冬、那覇市の気温は10℃を下回ることはなかったものの、体感的には神戸にいたころの冬を彷彿させるような寒さを感じてしまった。特に1月はエアコンの暖房を毎日のようにつけていた時期があった。周囲のウチナーンチュに聞いてみても今年の冬は例年になく寒かったと語る。那覇の気温は、同じ時期の神戸の最高気温よりも下回ることはほとんど...いや全くないかもしれない。沖縄の寒さの秘密は気温よりも「風」にあると思う。大阪湾周辺の場合、海面と山地の温度差により、時間帯によって風の強さや向きが時間によって変わるため、特に冬型の気圧配置にならない限りは、恒常的に風が吹くことはあまりない。ところがここでは1日中、風が吹いているのである。ただ沖縄の場合、冬でも日向に出ると温かくなる。しかし今年の1月は太陽が顔を出す日も少なかったこともあり、とにかく寒かったのである。

年末年始、私は神戸へ帰郷した。"内地"の寒さをしばらく経験していないこともあり、那覇の自宅を出る段階からコートを羽織って出かけた。手荷物にするのがめんどくさいためであるが、はっきりと言って汗ばんだ。ところがこの状態で関空に着くと、予想に反して、そんなに寒く感じなかった。実家に帰って親に聞くとここ数日は温かかったという。

031230.jpg

ところが水道の蛇口をひねって、沖縄との差を痛感させられた。水が身を切るように冷たいのである。沖縄ではまず体感することはないだろう。今まで、冬の水の冷たさはこんなものだとは思っていたのだが、わずか2年で沖縄の気候になじんでしまうとは...ところで2月も下旬に差し掛かろうとしている。太陽はカンカンと照り、日中は20℃を超える。もう沖縄の冬は終わったのかもしれない。今日、バスに乗ったら冷房がかかっていた。

※写真は2003年12月30日、ぶらっと東遊園地に立ち寄ったら、まだ神戸ルミナリエのガレリアが残っていたので、携帯電話のカメラで撮影

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

イシガケチョウ乱入

2004年3月25日 21:57

昨夜、我が家に変わったお客様がやってきた。

イシガケチョウ

携帯電話のカメラで撮影したのでわかりにくいかも知れないが、今まで見たことがない蝶である。沖縄では珍しくないそうだが、私にとっては初めて見る蝶である。これは「イシガケチョウ」または「イシガキチョウ」と呼ばれる蝶なのだそうだ。羽に石崖・石垣に似た模様があることから、このような名前がついたらしく、日本では九州南部から南西諸島に生息するとのこと。

神戸で過ごした少年時代、私は昆虫好きで、春から夏にかけ、毎週日曜日になると虫取り網と虫かごを持って布引の山へ行っていた。こう書くとワイルドな少年時代を過ごしていたかのように思うかもしれないが、当時、住んでいた家は神戸最大の繁華街・三宮から徒歩15分ぐらいのところ、市街地のど真ん中にあった。山へ虫取りに行くと言っても、そんな家から徒歩20分程度いけば布引の滝にだって行けたし、1時間もあるけば"市が原"という山奥の河原まで行くことができた。カブトムシやクワガタムシは捕れなかったが、カナブンやテントウムシ、蝶や蛾、バッタなど、いろんな虫を捕っていた。そういえば、新幹線新神戸駅真下の河原でもアメンボや小さなカエルなども捕まえに行ってたなぁ...。そんな布引の山も今ではロープウエーが通り、ハーブ園が出来て、観光地と化してしまった。夜になるとハーブ園の建物がライトアップされ、華々しくなったが、そんな光景を見ると、どことなく寂しく思うのである。

家に迷い込んだイシガケチョウを見て、ふと、こんなことを思い出してしまった。インターネットで調べてみると、このイシガケチョウ、最近では京阪神でも見かけることがあるらしい。もともと熱帯に生息する蝶らしいが、生息域が北上しているとすれば、やはり地球温暖化の兆候なのだろうか。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

ず~っと「中休み」

2004年5月29日 16:11

中休みといってもこのサイトの更新のことではない。「梅雨の中休み」のことである。

今日、九州、四国、中国地方で梅雨入りしたようだが、ここ沖縄では5月5日に梅雨入りしている。このブログでも取り上げている通り、沖縄では水不足が懸念され、本島での貯水率は50%前後の状態がここ1ヶ月以上続いている。このため県民の梅雨への期待は大きかったのだが、未だまとまった雨はない。

全国の天気予報で、よく耳にするのが「すでに梅雨入りしている沖縄では梅雨の中休みとなるでしょう」のせりふ。はっきり言って、入梅から今まで、中休みのほうが多いではないか。雨が降ると言っても、夕立や通り雨のようなものばかり。これでも梅雨といえるのか。梅雨に人格があるとすれば「まじめに仕事しろ」と言ってやりたい。

taiyo.jpg

実は当サイトへのアクセス記録を見ると「沖縄 貯水率」という検索語でアクセスしてくる人が結構いる。その多くは沖縄県内からのもので、なぜか嘉手納基地内からのアクセスも多い。「雨」の話題は全県的な関心事といってもよいだろう。

今日も那覇は晴れである。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

暑い夏の記録

2004年8月12日 18:35

沖縄は日本で一番暑いと思われがちだが、実はそうでもない。私が那覇に移住して最高気温が35度を超えた日は、記憶にほとんどない。

過去の記録を調べてみると那覇での最高気温のトップ3は以下のとおりであった。

1位 35.6℃ (2001年08月09日)
2位 35.5℃ (2003年08月03日)
3位 34.9℃ (1991年07月11日)

私が那覇に移住したのは2002年1月のことなので、35度を超えたのはたった1日だけということになる。今年に関して言えば7月27日に記録した33.1℃が最高である。日々の全国の天気予報で予想最高気温が36℃とか37℃といった予報を見ると「アホみたいな温度やなぁ」と思うようになってしまった。

今日は東京都心部での連続真夏日の日数が38日間となり、東京での連続真夏日の記録を塗り替えたそうである。ちなみに那覇では7月7日から本日までその記録が続いているが、東京より1日少ない37日。また全国規模でみると熊本市で46日連続が最多である。過去の記録を紐解くと1961年以降では、1995年に日本最東端の南鳥島で観測された115日連続が最長。本州では1994年に神戸市で記録した76日連続(1994年7月2日~9月15日)が最長なのだそうだ...1994年の神戸市って...思い切り神戸市で神戸市民をしていたころじゃないですか!!

あまり記憶にないが、確か全国的な米不足でタイ米をまずいなどと食っていた頃ではないだろうか。琵琶湖の水不足が懸念され、ニュースでは毎日のように琵琶湖の水位が報道されていたように思う。ちなみに神戸の観測史上最高気温のトップ3のすべてが1994年に打ち立てられていることがわかった。

1位 38.8℃ (1994年08月08日)
2位 38.0℃ (1994年08月07日)
3位 38.0℃ (1994年08月06日)

あの頃の神戸が歴史に残る一番暑い時期だったとは...参考までに那覇市の連続真夏日の記録は、神戸の記録より1日多い77日(2001年6月16日~9月1日)。ただし期間中、最高気温が35℃を超えたのは1日だけだった。なんだか那覇の気温が涼しく感じてきた...

参考:気象庁 電子閲覧室
 1961年以降の、全国の気象データを調べることができる
 夏休みの自由研究におすすめ?!

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

台風接近中の怪現象

2006年9月16日 23:58

台風接近の怪現象

今、窓の外ではものすごい風の音がしている。おそらく、台風13号が沖縄本島に最接近しているものと思われる。ニュースによると石垣島や西表島では瞬間的に風速70m近い暴風が吹き、石垣島では大変な被害が出たとのことだ。今回の台風は、大きさは小さいものの、本土を伺う台風としては今年最大級の勢力と予想されており、これから進路に当たる地域の方々もくれぐれも注意と警戒をしていただきたい。

さて、今日の夕方5時ごろ、娘にお茶を飲ませようと、ストロー付のマグカップにお茶を入れてテーブルに置いていたら、誰も口を付けたり、容器に触れたりしていないのに、みるみるうちにお茶がストローからこぼれだしてきた。その時間は10分もなかっただろうか。おそらく、台風接近で気圧が急激に下がったために起こった"怪現象"と思われる。普通のコップにストローを指しただけではこんなことは起こらないと思うが、このマグカップの形状から、ストローだけが大気との接点であり、ストローの中の水面が気圧に反応して上昇したのだろう。

家の中でもこんなことが起こるので、海の近くに住む方は高潮にも注意していただきたい。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

白いテントウムシ

2009年4月19日 16:30

今日は久しぶりに沖縄の昆虫ネタである。

白いテントウムシ

家から徒歩20秒ほどのところにある茂みにテントウムシがたくさんいることから、今日は娘とテントウムシを見にいったのだが、そこで写真のような白いテントウムシを発見した。携帯電話のカメラで撮ったため、画質はよくないが、実際は純粋な白地に、はっきりとした黒の斑点であり、腹部は茶色っぽい。形は普通のテントウムシと同じなので、テントウムシ以外の虫ではなさそうだ。

もしかすると羽化したばかりのテントウムシではないかとも思ったが、羽化したばかりのテントウムシは黄色っぽくなるはず。しかも午前中にこのテントウムシを発見し、午後2時過ぎにも同じ茂みでこのテントウムシを見つけたので、羽化したてとは考えにくい。

沖縄固有のテントウムシかも知れないと思い、沖縄出身の妻にも聞いてみたが、白いテントウムシは見たことがないとのこと。家に帰ってインターネットで検索すると、このテントウムシには正確な名前はないようだが(ハイイロテントウ」という和名があることが判明)、八重山地方で発見された例が何件かあった。発見例が特定地域に限られているのでアルビノのような突然変異でもないようだ。

ちなみに検索してヒットしたページ
虫ナビ テントウムシの一種
岐阜大学理科教育用教材データベース 西表島の甲虫
ときどきしま しま工房 白いテントウムシ《沖縄・石垣島》

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

白いテントウムシと赤いテントウムシ

今日も娘とテントウムシを見に行ったときに、娘をそってのけで、持っていた携帯電話で撮影した写真である。チェリッシュの「てんとう虫のサンバ」で「赤、青、黄色の衣装をつけたてんとう虫が」という歌詞があるが、ここでは赤と白のテントウムシがお見合いしているようである。

さて、先日も当ブログで取り上げた白いテントウムシについて、さらに調べてみたところ、この虫には「ハイイロテントウ」という和名があることがわかった。日本では沖縄にしか生息しない種類のようだ。もともとは北米で生息しているテントウムシだが、日本では1987年に沖縄本島で初めて発見されたとのこと。ハイイロテントウはギンネムという植物についているギンネムキジラミを餌としているらしい。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

那覇市で雪の予報

2012年10月 8日 22:10

那覇で雪の予報

本日21時現在のiGoogleの天気予報。
明日、那覇は雪の予報だ。

そもそも沖縄で雪が降るのか調べてみると、下記のサイトを発見。
「限界と可能性・沖縄に雪は降ったか?」

気象庁の公式データでは降雪のデータは存在しないが、目撃証言は多数あるようだ。また沖縄の気候で降雪はあるのか、科学的な考察は読み物としても面白い。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

漫湖公園

38歳主婦が苦痛に感じる漫湖がベランダから見えるようなところに引っ越したので、今日は娘を連れて漫湖公園へ出かけてみることにした。

お目当ては漫湖公園内にある「ちょうちょガーデン」。せっかく娘のために連れて行ってやろうと思ったら、1ヶ月前に小学校の遠足で行ったと言うではないか。とはいえ、自宅から徒歩で行けるところのため、散歩ついでに行ってみることにした。

漫湖公園は国場川に広がる湿地帯「漫湖」の北岸約1kmに広がる公園である。野球ができるグラウンドやテニスコート、ジョギングコースを備えている。その一角に「ちょうちょガーデン」がある。しかし、その場所がわかりにくい。公園内にちょうちょガーデンへ行く道しるべがないのである。テニスコートの隣の茂みの中にある温室が「ちょうちょガーデン」であるが、はじめていく人は、その入口を見つけづらいかもしれない。(本稿最後に地図を掲載)

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

台風直撃における非常態勢

2014年10月11日 17:00

今朝から那覇市は、宇宙飛行士もビックリという台風19号の暴風域に入った。最接近...というよりも、台風が那覇市を通過するのは12日深夜0時ごろのようである。

沖縄各地で停電が発生しているようだが、幸い我が家は停電を免れているので、ブログを通して、これから台風の進路に当たっている地域の方へ私が今回とった「非常態勢」を共有したい。参考にしていただけると幸いである。

非常持ち出し袋

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

台風一過

2014年10月13日 12:41

今日の那覇は台風一過というような、スカっとした晴天ではなく、雲が厚く垂れ込め、時折小雨が降るという天候である。今日の晩以降の食糧がないことから近所のイオンに出かけた。

ところが、である。この状況である。

台風一過直後のイオン店内

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

漫湖にかかる斜張橋「とよみ大橋」

漫湖公園に行ってきたシリーズ第2弾!? (前回は「ちょうちょガーデン」)

今日は「漫湖水鳥・湿地センター」へ行ってきた。実はここは那覇市ではなくお隣の豊見城市にある。漫湖と言えばラムサール条約登録湿地としても世界的に知られており、この「漫湖水鳥・湿地センター」周辺は広大なマングローブと湿地が保護されている。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

検索

google+

このアーカイブについて

阪神・淡路大震災

月別アーカイブ

購読・ブックマークに登録