限定商品の最近のブログ記事

今年5月15日、沖縄は本土復帰30周年を迎える。実は今年1月から、私は生まれ育った神戸から生活の拠点を沖縄県那覇市に移した。マリンスポーツ、独特の文化や自然、戦跡巡り...などなど、その地域性からありとあらゆる側面を見せてくれる沖縄は、本土からの観光客を飽きさせることはない。

しかし実際に住み着いてみると観光では見つけることができない意外な沖縄に出会うことがある。もし沖縄へ訪れることがあれば牧志の公設市場だけではなく、町のどこにでもあるスーパーやコンビニをのぞいてみよう。そして牛乳パックを手にとって欲しい。1000mlと思って手に取ったパックは実は946mlだったりする...というよりも、店頭に陳列されているパックのほとんどが946mlなのである。そして、そのハーフサイズは500mlではなく473mlだ。

これは沖縄が米軍統治されていた時代の名残であり、946mlはヤードポンド法の1クオートに相当する。沖縄が本土復帰したあと、通貨単位がドルから円に、車道がアメリカ式の右側通行から日本式の左側通行に変わったことなどは教科書で習ったことがあるが、牛乳パックだけは本土復帰30年経った今もアメリカ式なのだ。

同じ売り場を眺めているとアルプスの山並みと牧場、グラスに入った乳酸菌飲料のパッケージが印刷されたパック飲料を見つけることができるだろう。これはそのパッケージから想像できない沖縄限定の飲み物「森永ヨーゴ」である。味はヤクルトを少し甘酸っぱくしたような感じである。あまりにも沖縄らしくないパッケージであることから本土でもあるのではないか...と思うのだが、少なくとも神戸では見かけたことはなかった。そこで、いろいろ調べてみると、森永乳業が出しているピクニックシリーズで「ヨーゴ味」というものが一時期本土で売られていたことがわかった。しかし、今では「ヨーゴ味」はなくなり、事実上、沖縄限定の飲み物となってしまったようだ。沖縄独特の飲み物といえばシークヮーサージュース、さんぴん茶(ジャスミンティ)などがあるが、この「ヨーゴ」もチェックしておきたい。

牛乳パック

(左) 沖縄では少数派の1000mlパックの牛乳。(中央) 沖縄では一般的な946mlパック。パックの大きさは1000mlパックと同じである。(右) 意外に知られていない沖縄限定飲料「森永ヨーゴ」(沖縄森永乳業)

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

狂牛病騒動で吉野家から牛丼が消えて久しい。まだ吉野家で牛丼が食べられた時代、沖縄の吉野家には「焼鳥丼」「親子丼」のメニューが実在していた。今や全国区のメニューとなったが、先日、近所の吉野家に立ち寄ったところ、なんと沖縄限定メニューとして「タコライス」があるではないか。

「タコライス」とはタコスのご飯バージョンで沖縄発祥の食べ物である。具体的にはご飯にチリソース、挽肉、チーズ、レタス、トマトを乗せた料理で、家庭用としてレトルトのタコライス用挽肉も発売されている。

tacorice.jpg

写真は吉野家で出されているタコライス。チリソース、レタスがあり、その下には挽肉、チーズ、ご飯が隠れている。一般的にはトマトなどもトッピングされているが、吉野家ではトマトはなく、価格は380円で大盛りなどはない。

味は個人的にはチリソースはもう少し辛い方がよかったと思う。うちなーんちゅの嫁さんはちょっと酸っぱいという印象を持ったようだが、値段の割には美味とのこと。ちなみにチリソースはゴマドレッシングにも変更できるそうだ。

ところで台風21号が接近中。那覇市内では雨は強くないものの風が少し強くなってきた。今後の台風の進路には十分、気を付けてください。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

子供が生まれてまもなく2ヶ月。家の中は育児用品が所狭しと占有するようになってきた。そんなある日、何気なく粉ミルクの缶を見ていたら不思議なマークがあることに気がついた。それは太い文字で「沖」と書かれていて、その文字の周りに「OKINAWA」の文字が丸く取り囲んでいるマーク。

「沖」マーク

しかもこれは特定銘柄の粉ミルクだけではなく、私が調べたところ、明治、森永、ビーンスターク(旧雪印系)の3社の粉ミルクに同じマークがついていた(和光堂にはマークなし)。
このブログでは過去に沖縄の乳飲料には独特のものが多いという話題を何度か取り上げてきたが、粉ミルクにまで沖縄バージョンが存在しているようだ。内地と沖縄では同じブランドの粉ミルクでも成分に違いがあるのだろうか。謎である。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

前回、取り上げた粉ミルクの缶にある「沖」マークについて、「沖」マーク付の粉ミルクを製造しているメーカー3社のうち、メールでの問い合わせ窓口があるメーカー2社に問い合わせてみた。2社とも同じ回答だったため、その回答をまとめてみる。

「沖」マーク

まず、結論から言うと粉ミルクの成分は沖縄も内地も同じであり、沖縄だからといって違うということはないそうだ。それでは何のための「沖」マークなのか。その真相は、沖縄が日本に復帰した際、沖縄県内で販売する粉ミルクについて、税制上の特典が受けられたことから、沖縄へ出荷する粉ミルクについては、本土向けの製品と区別するために「沖」マークをつけて沖縄へ出荷していたという。ところが現在はその税制上の特典も廃止されており「沖」マークは意味をなさなくなったとのこと。

ちなみに今回ご回答いただいた2社のうち1社からは、近々、沖縄向け粉ミルクの缶から「沖」マークをはずす方向であるとの回答をいただいた。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

うちなーヌードル

2006年12月 4日 14:37

明星食品が敵対的買収騒動で話題になっていた頃、沖縄ではチャルメラの沖縄限定バージョン「うちなーヌードル」なるものが地味に発売されているという情報をこちらのブログで拝見した。

明星食品うちなーヌードル

最近はカップ麺を食べることがなかったので、機会があれば食べてみようと思っていたのだが、今日、たまたま近所のスーパーで見つけたので、早速、買って食べてみることにした。ちなみに、かねひででは100円で売られているようだが、りうぼうでは108円であった。

見た目はカップ麺のチャルメラと変わらないような気がする。また「沖縄限定」を謳っている割には、具も普通のカップ麺と同じで、沖縄らしいものは見あたらない。しかしスープは少し澄んだ色をしている。麺や具を食べてみるとわからないが、スープを飲むとあっさり系の沖縄そばのだしに似ている感じがする。

私は沖縄に移住してきて5年弱であるが、結局のところ、どこが「うちなー(沖縄)」なのか、よくわからなかった。もしかすると生粋の"うちなーんちゅ"が食べると「これぞ沖縄!!」という味なのかもしれない。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

沖縄のローカルヒーロー「琉神マブヤー」のブームは未だ衰えないようである。なぜなら当サイトトップページのアクセスの約半数が「琉神マブヤー公式Webサイト」の用語解説のリンクからなのだ。

テレビで琉神マブヤーの放送が終わってから、マブヤーが大好きだった我が娘も、女の子らしく「プリキュア」ファンと化した。日頃「4人目のプリキュア・キュアパッションはいつ出てくるの?」「キュアパッションってイースなんだよね」などと語っているほどである。そんなある日、ファミリーレストランの「ジョイフル」へ外食に出かけた。そこで娘はお子様メニューを注文し、おまけのおもちゃを楽しみにしていたのだが、沖縄のジョイフルではプリキュアや仮面ライダーのおもちゃのほか「琉神マブヤーカード」が選べるのである。おもちゃを選ぶ段階になって、娘が何を選ぶのか、黙って見ていたところ、少し悩んで「琉神マブヤーカード」を選んだ。彼女には、今もウチナーンチュの魂(マブイ)が宿っているようである。

そして今日、昼食を調達するためローソンに出かけたところ、パン売り場にこんなパンが並んでいるではないか。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

先週土曜日にTV番組「琉神マブヤー外伝 SO!ウチナー」全13話の放送が終了したが、沖縄における琉神マブヤーブームは止まることを知らない。新聞報道によると琉球銀行の「琉神マブヤー定期預金」が好調な伸びを見せ、また琉神マブヤーと行く久米島ツアーは即日完売となった。グッズはお菓子や文房具、絵本に到るまで多岐にわたり、その勢いは全国区のヒーローものを凌駕する。

そんななか、地元スーパー「サンエー」で見つけたのが、この琉神マブヤーの菓子パンである。すでに第1弾の菓子パンは昨年5月に当サイトで取り上げたが、今回は「琉神マブヤー外伝 SO!ウチナー」バージョンとなっている。

大きな違いとして、第1弾ではカードが封入されていたが、今回発売された第2弾ではカードが入っていない。また4種類のうち「マブヤーの魂(まぶい)メロンパン」は昨年発売された第1弾と同じ商品名であるが、今回は「北海道メロンクリーム」がパンに挟まれ、微妙なバージョンアップが図られた。他の3種類は新製品である。なお、メーカーも前回は4種類のうち3種がオキコ製、1種類がぐしけん製であったが、今回はオキコ、ぐしけんがそれぞれ2種類を製造している。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

県外ではお花見のシーズン真っ盛りと思われるが、沖縄では初夏の気候。沖縄の会社では夏服が解禁になったところもある。沖縄のフォーマルの夏服とは言えば「かりゆしウェア」。最近は全国ニュースで沖縄県知事など県のお偉いさんが登場する場面が何かと多いが、この方達が着ている地味なアロハシャツのようなものが「かりゆしウェア」である。元祖クールビズとも言うべきで、この時期、沖縄県でスーツ、ネクタイ姿で仕事をしている人は少数派と言っても過言ではない。県外出身の私ですら6着も持っている。県外出身者の中には「かりゆしウェアの快適さを知ると、ネクタイで仕事をする環境に戻れない」と言う人もいるほど。ちなみに沖縄の夏のフォーマルウェアだけあって喪服用のかりゆしウェアも存在する。

さて、この「かりゆしウェア」、デザインは沖縄の織物からヒントを得たものから、花や植物などが描かれ、実に沖縄らしい服なのだが、今年はなんと「琉球切手」柄のかりゆしウェアが登場した。

琉球切手柄のかりゆしウェア

「琉球切手」とは米軍占領下の沖縄で使用された切手で1948年から1972年の沖縄返還直前まで発行された。1958年からは米ドル表示の切手が発行されている。図案は実に沖縄らしい題材が多く、沖縄復帰直前には今のデイトレイドやFX並に投機対象にもなったほどの人気があった。今では使用できないことから、観光地の土産物屋で未使用切手が土産物として売られていることがある。

今回、発売された「琉球切手」のかりゆしウェアは「花と植物」「沖縄の舞踊」「熱帯魚」の3テーマ。売り場を見てみるとデザインはそれぞれ2~3種類、色違いを含めると1テーマ10種類ぐらいはあるようだ。「花と植物」は1960~63年、1971年に発行された花切手が中心、「舞踊」は1961~64年に発行された民族舞踊シリーズ、「熱帯魚」は1966~68年に発行された熱帯魚シリーズ、貝シリーズの切手が中心にデザインされている。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

検索

google+

このアーカイブについて

阪神・淡路大震災

月別アーカイブ

購読・ブックマークに登録