行事の最近のブログ記事

南の島に吹き荒れる六甲颪

2003年10月 1日 00:00

1985年10月16日、私は神戸で高校2年生をしていた。テレビでタイガース×スワローズ戦を見ながら、耳ではABCラジオで植草アナウンサーの名実況を聞いていた。そう、21年ぶりのタイガースのリーグ優勝の瞬間である。その後、翌日が中間試験であるにも関わらず、深夜までタイガース優勝特番に歓喜し、翌日は学校が終わると友人とともに下校途中の駅で阪神優勝のスポーツ紙を買いあさったものである。

それから18年後、何の因果か、甲子園へ野球を見に行くにも飛行機を乗らなければならないようなところに住み着いてしまった。2003年9月15日...この日ほど、関西を恋しく思ったことはない。当然のことながら、沖縄にはサンテレビがない。敬老の日の昼下がり、私はNHKラジオの甲子園からのタイガース戦の中継に耳を傾けていた。結果はご存じの通り劇的なサヨナラ勝ちで、優勝へのマジックナンバーを1とした。後はマジック対象チームのスワローズが負けるのを待つばかりである。しかし戦況はラジオでも知ることはできずインターネットだけが頼りとなった。あまりにも間が抜けて味気ない優勝の瞬間をこのようにして迎えなければならないのか...そこで、妻に沖縄の阪神ファンが集まりそうなところへ連れて行ってもらった。
 国際通りの一角。屋台村のような雰囲気のある広場に、大きなテレビが設置され、画面には昼間の甲子園の試合が映し出されていた。

ここに集まっていた人の中には、どこで手に入れたのか、タイガース応援グッズを持った人もいれば、はっぴを着込んだ人もいる。国際通りは普段は観光客でにぎわう場所であるが、ここだけは周辺から孤立した独特の雰囲気に包まれていたが、その場にいる人たちは食事をしたりビールを飲んだりと、阪神優勝のビッグイベントを目前に、どことなく盛り上がりに欠けていた。私たち夫婦も、その中に混ざり、i-modeでスワローズの試合の経過をチェックしながら食事をとることにした。会場の設置された大画面テレビはいつの間にか、NHK-BSのニュースに切り替わった。その中でスワローズ戦の結果が速報されると、いままで歓談していた人たちはざわめきたった。この雰囲気の中、詰めかけた人たちに泡盛や風船が配られる。風船はジェット風船が足りなくなったのか、私たちのところには普通の風船が配られた。ここでのんきに食事をする人はいない。みんな総立ちである。私も椅子の上に立ち上がって、テレビを見つめた。

tigers.jpg

テレビではスワローズの敗戦の瞬間と、甲子園で待機していたタイガースの選手がグラウンドに出てくる場面が映し出された。その瞬間がきたのだ。詰めかけた人たちは手にしていた風船を飛ばし万歳三唱、我らが国歌"六甲颪"(?道上洋三)の斉唱が始まった。見ず知らずのタイガースファンと握手を交わし、抱き合ったり...会場は興奮のるつぼと化した。甲子園球場で選手たちの場内パレードが映し出されていた大画面テレビの後ろにはダイエー那覇店の建物が見えていた。
「日本シリーズの相手はダイエーに決まりそうなので、あの看板に向かって『ダイエーなんか屁のカッパ』コールを!!」

もう、何でもありである。

時間はどれぐらい経っただろうか。興奮も少し冷め、この場を離れようとしたところ、国際通りを六甲颪を歌いながら行進してくる一団に出くわしてしまった。「帰るに帰られんなぁ...」と思いつつも、いつの間にか、六甲颪や各選手の応援歌を合唱するこの"パレード"に混ざっている自分がいた。後で、この"パレード"を先導していた男性に話を伺ったところ「みんな知らない人ばかり。いつの間にか、みんなで国際通りを行進していた」とのこと。沖縄三越前にさしかかったところで"パレード"は立ち止まった。すでに時間は21時を過ぎている。当然、三越はシャッターを下ろしていた。「三越は去年、巨人の優勝セールをしていました。宿敵巨人を応援していた三越に向かって、六甲颪を!!」

六甲颪斉唱の傍らで「阪神は優勝したんですか?」「試合結果は?」と訪ねてくる観光客が後を絶たなかった。中には「18年前、西武球場で日本シリーズを見ましたよ」という人も。そんな中で18年前の優勝に大きく貢献した真弓、掛布、岡田、バースコールまで巻き起こる始末である(実はこれは私の提案だったりする)。日本一南の優勝祝賀会は関西にも負けないぐらい盛り上がったのである。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

花火が見える家

2004年5月 5日 22:43

年に一度、ここに住んでよかったと思う時期がやってきた。

5月3日~5日にかけて那覇市に初夏の訪れを告げる「那覇ハーリー」というお祭りがある。ハーリーとは「爬龍船」という船のことで、学校や職場のグループごとにチームを組み、この船の競漕が行われる。祭り期間中、毎晩、花火が打ち上げられるのだが、なんと、この花火、私が住むマンションのベランダから間近に見ることができるのだ。

花火

この花火を見るため、市内の各道路では大渋滞が巻き起こるのだが、このような「世間の荒波」にもまれることなく、クーラーのある部屋から、まったりと眺める花火は至福のひとときである、一昨日は神戸・北野坂で「インフィオラータ」を見て、昨日と今日は那覇で花火を愛でて...まさに目の保養となったゴールデンウイークだった。

参考:琉球はナビイリュージョンin那覇ハーリー(沖縄テレビ)

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

沖縄の盆

2004年8月29日 22:18

本土では一般的に8月13~15日が盆の時期になるが、沖縄では昨日から盆シーズンに突入した。沖縄の盆の儀式は本土と違い旧暦で執り行うのが一般的である。沖縄の一般的な企業の夏の賞与は盆の直前に支給され、またこの時期、個人商店や家族経営の会社などは臨時休業するし、那覇空港では県外にいるウチナーンチュが一斉に帰郷するため、帰省ラッシュを迎える。あるウチナーンチュによると「沖縄では正月よりもお盆が大事」なのだそうだ。

また沖縄では盆の初日をウンケー、最終日をウークイという。今年はウンケーが28日、ウークイが30日である。コンセプトとしては本土のお盆と同じく先祖様があの世から帰ってきて、この世の人と交流を持ち、最終日にはあの世に帰っていく。

ちなみに沖縄の太鼓踊り「エイサー」は沖縄の盆踊りであり、今でも盆を迎えると各地で太鼓を持った若者たちが町を練り歩く。本島ではもっぱら中部以北で盛んなようで、那覇では首里の一部地域で今も行われている。

ところで、ナイチャーの私もウチナーンチュの妻の実家へ行ったのだが、親類縁者でごった返していて、仏壇に手を合わせた以外はご飯を食べただけで初日は終わってしまった。そういえば本土と沖縄で違うと言えば「お中元」を渡す時期も違う。本土では7月下旬から8月上旬、どちらかといえば暑中・残暑見舞いのような意味合いがあるが、沖縄ではこの盆の時期にやりとりされる。夏の挨拶がてら一軒一軒、回らなくていいので、合理的ではある。今年、我が家は洗剤セットを持っていった。腐らなくて実用的なものということでこれを選んだのだが、個数が多いのと重いのとで、自宅から駐車場の車のあるところまで持ち運ぶのに苦労した。歳暮は軽いものにしようと思う。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

ウークイ

2004年8月31日 08:43

沖縄の盆を語るにあたり、ウークイと呼ばれる行事は、おそらく本土にはない独特のイベントではないだろうか。これまで仏壇に置かれていた位牌とお供え物などを玄関先に持っていき、そしてあの世のお金となる「ウチカビ」と呼ばれる紙を燃やしながら一家の長が、あの世に帰る先祖の霊に挨拶をする厳かな儀式である。挨拶の内容はウチナーグチで、よく聞き取れなかったが、家族の健康などを願っていたような内容と思われる。

その帰りに妻から聞いた話であるが、妻が子供の頃は、もっと遅い時間帯にやっていたという。今回、妻の実家でこの儀式が行われたのは昨夜10時過ぎだった。遅くなった理由として家族の生活スタイルの変化が考えられるという。子供が成長し、会社勤めの者が多くなり、そして、あまり遅くなると、翌日の仕事に差し支えてはいけないという配慮があるという。ご先祖様もこの世の人間のライフスタイルにあわせなければならないので、大変ではないだろうか。

ウークイの儀式が終わると備えられていた供物はその場でいるもので分配されるわけだが、我が家は妻の意向により一番高そうなメロンをいただいて帰ってきた。ご先祖様に恨まれないか心配である。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

ムーチーの謎

2007年1月27日 23:00

昨日は沖縄では「ムーチー」と呼ばれる日で、旧暦の12月8日に餅を食べて子供の健康を願う風習がある。またこの時期は沖縄で最も寒い時期といわれており、この寒さを「ムーチービーサ」という。

そもそもムーチーとは「鬼餅」という漢字をあてるのだが、この鬼餅とは月桃の葉などにくるんで蒸した餅のことである。月桃の葉の強い香りが餅につき、甘い味わいを醸し出す。また赤ちゃんが生まれた家庭では「初ムーチー」といって鬼餅を作って親戚や近所に配ったりするようだ。ちなみに我が家も去年は初ムーチーだったが妻の実家で作ってもらった鬼餅を家で食べただけであった。

子供の健康を願う風習ということもあり、娘が通う保育園でも昨日は鬼餅を作ったらしく、家に持って帰ってきた。娘はまだ1歳なので作ったと言うよりは、年長の子供達が作ったものをそばで見ていただけであったが、今日、家族3人でこの鬼餅を美味しくいただいた。

ところで、3~4年ぐらい前、なぜムーチーでは餅を食べるのか...という疑問を、当時、私に初めて鬼餅を食べさせてくれた知人に尋ねたことがある。この人も詳しい由来は知らなかったようで、2人でネットを検索して調べてみたところ、那覇市役所の「オキナワカルチャーアーカイブ」のページで詳しい解説を見つけることができた。その内容は衝撃的なものであった。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

続・沖縄が甲子園化?!

2013年7月 9日 21:07

奥武山公園駅

那覇で開催中の阪神中日戦。駅から見えるかなーと思ったんですが、見えませんでした。応援の音声は聞こえてきます。(19時50分ごろ撮影)

奥武山公園駅

奥武山公園駅駅ナカにタイガースショップ出現!

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

沖縄が甲子園化?!

2013年7月 7日 15:07

首里駅にて

7月9~10日、セルラースタジアム那覇でプロ野球公式戦・阪神中日戦が開催される。

写真はゆいレール首里駅に登場した阪神戦開催を知らせる看板。なせか球場最寄り駅の奥武山公園駅にはない。また阪神主催試合のため、対戦相手の中日を応援するものもない。阪神も中日も沖縄県でキャンプを張っているのに...。

ちなみにその看板の隣にある七夕の短冊コーナーにいるのは私の娘。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

ゆいレールと併走~那覇マラソン

今日は那覇マラソンがあった。

全国から約3万人ものランナーが集結し、那覇市奥武山公園をスタート・ゴールにして沖縄本島南部を駆けめぐるフルマラソンである。

那覇に移住して10年以上もなるのに那覇マラソンを一度も見たことがなかった。今年は奥武山公園の近くに引っ越したこともあり、娘を連れて見に行くことにした。あくまでも走るのではなく「見る」のである。

ちょうど、家の近所はコースで言うと40km地点。マラソンのゴール間近である。それだけに、ゴール目前にして動けなくなった人を何人も見た。沿道の人たちの励ましの甲斐あって、幸いにして、目の前でリタイアする人はいなかった。

このマラソンの、もう一つの見所はコスプレランナーである。市民マラソンだけあっていろんなコスプレランナーを見ることができる。しかも、コスプレをしつつ、そこそこ早い人がいるから、びっくりさせられる。たとえば、ドラゴンボールのナメック星人のコスプレをしたランナーは、おそらく50位以内で目の前を通過していった。

今日の那覇は12月にしては、20℃を超えるほどのぽかぽか陽気。もしかするとランナーにとっては暑いぐらいに感じたのではないだろうか。その中で、コスプレランナーの激走ぶりを勝手に追ってみた。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

検索

google+

このアーカイブについて

阪神・淡路大震災

月別アーカイブ

購読・ブックマークに登録