神戸の最近のブログ記事

阪神春日野道駅のこと

2004年9月22日 13:05

昨日、Yahoo!のトップページにあるトピックスで「日本一狭いホーム、24日でお別れ」という項目を見つけた。ひょっとしてこれは...やはりそうだった。阪神春日野道駅ではないか。しかも写真つき。思わず郷愁に浸ってしまった。

私は「阪急」の春日野道駅の近くに30年ほど住んでいたが、阪神電車でしか行けないところ(例えば今はなき深江の新神戸大プールとか甲子園とか)は阪神春日野道駅から電車に乗って出かけていた。当時住んでいた家からだと阪神電車の場合、三宮駅へ行くのと時間的には変らなかったが、どういうわけか阪神春日野道駅をよく利用していた。

あの独特の薄暗い雰囲気、人がすれ違ったら線路に落ちそうなほどの恐ろしく狭いホーム。地下にある駅なのに電車が接近するとカンカンカンと鳴り響く踏み切りの音。まさに恐怖の世界である。ただ、どういうわけか、私は子供の頃からこの駅の雰囲気が好きだった。

十数年程前、当時のバイト先の女の子と雑談で、この駅が話題になったことがある。この駅の存在について「ほんとにそんな駅があるんですか~ぁ」など言うばかりで信じてもらえなかった。それもそのはず、彼女たちはJRで明石から神戸へ通っていたので、阪神春日野道駅を知るわけがないのだ。百聞は見にしかず。「スカート厳禁、歩きやすい靴で来るように」の注意のもと、彼女たちを阪神春日野道駅へ誘った。その理由は駅に着いて納得していただいた。まずあの狭い地下ホーム。電車が通過するとき、ものすごい突風が吹き付ける。下手をしたらその突風で反対側の線路に落ちてしまうかもしれない。そして、ホームと改札口をつなぐ階段は急な上に、電車の通過に関係なく常に強い風が吹いている。これは地下との気圧の違いで吹いているのだろう。とにかく婦女子には過酷な環境なのだ。

彼女たちは駅にはそれなりを衝撃を受けたみたいだが、この駅の周辺の雰囲気に感動したようである。当時、この駅の南側は工業地帯であったが、北側は春日野商店街が連なる。500mほど行くと阪急春日野道駅がある。この時は春日野商店街ではなく大安亭市場へ案内したような気がする。震災前ではあったが春日野商店街は人通りが少なく、廃れいく商店街そのものだったが、大安亭市場は活気に満ち溢れていた。

沖縄へ移住する前日、預金口座の解約のために、春日野商店街の中にあった銀行へ行ったのだが、商店街はさらに衰退しているように見えた。今はどうなっているのだろうか。昨日、ネットで見た写真を見ると「島式」ホームの両側に新しいホームが写っていた。

夜、夢に出てきそうな駅のホームも9月24日をもってお役御免となるそうだ。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

魅惑の一億円札

2005年2月 7日 21:26

今月、神戸の親友より震災10周年資料などに紛れて面白いものが送られてきた。それを見た途端、あまりの懐かしさに思わず望郷の念が沸々とおこってきてしまった。それは「一億円札」である。

ichioku.jpg

最近、偽札やら盗んだお札を捨てるなどといったお金にまつわる事件が相次いでいるが、神戸の一般庶民の間では古くからこの「一億円札」を家に飾るという奇っ怪な風習がある。この一億円札の大きさは縦16cm、横34cmの大きな物で、かつては生田神社へ初詣に行くと参道で無料で配られていたものであり、それゆえに縁起物とされていた。ちなみに、この一億円札を作っているのは生田神社にほど近い神戸サウナ。つまり、一万円札に似せたサウナ屋の広告チラシなのだ。ただ、あまりにも立派に偽造...ぃゃぃゃ、精巧に作られているため、まことしやかに金運がつくと言われ、神戸では家や店の壁に飾る人が多い。私の実家でも震災当時まで住んでいた家では聖徳太子時代の一億円札が長いあいだ、飾られていた。金運はどうだったかは、ご想像にお任せするとして、この一億円札、飾るときは普通に飾るのではなく逆さまに飾るのが流儀とされている。理由はよくわからないが、普通に飾ると金運が逃げていくそうだ。せっかく送っていただいたので、早速、私の部屋にも貼ってみることにした。

そういえば昨日の新聞で一万円札を撮影して作られた簡易保険のポスターが通貨偽造にあたるのではないかという記事が出ていたのだが、この一億円札は大丈夫なのだろうか。実は裏面も精巧に作られていて、すかしの部分にサウナの地図や営業時間が刷り込まれているのだが...。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

今週は3歳になる娘と2人きりで神戸に帰省していた。神戸では娘が「パンダが見たい」というので、また(実は今年のゴールデンウィークにも帰省しているのだ)王子動物園へ行くことになった。3ヶ月前は外で水浴びをしていたパンダが、今回は猛暑の影響なのか、薄暗い室内で寝転がっていた。アフリカの熱帯に住んでそうなキリンですら屋内に引きこもっていたぐらいだから、神戸の夏は動物たちにとっても厳しいのだろう。今日の昼間、那覇に帰ってきたのだが、神戸よりも那覇の空気が涼しく感じられた。

とくれん

ところで、王子動物園からの帰り際、園内のレストランで昼食をとったのだが、娘のために頼んだお子様ランチのデザートに、あの「とくれん」がついてきたではないか!!

「とくれん」とは徳島県の農協の何かの連合会が製造元で、その製造元を略して「とくれん」と名づけられた、みかん味のゼリーのことで、小学校給食の定番デザートだった。「とくれん」が出た日に、誰かが休んでいようものなら、その子が食べるはずだった「とくれん」を巡って、クラスのほぼ全員が、じゃんけんで取り合うほどの大人気のデザートだった。しかし、大人になって知ったのだが、この「とくれん」、徳島県で製造されていたにもかかわらず、その存在を知っているのは神戸の人だけらしいのだ。給食で出てきた「とくれん」は完全冷凍で、ゼリーの部分と凍った部分が混在し、独特の食感があった。しかも果汁80%ということもあって、濃厚なみかん味である。私は未だに、これほど濃厚な味のゼリーを食べたことがない。

今回、お子様ランチのデザートとして出てきた「とくれん」も「-18℃以下」で保存することが記されているので、凍らせて食べるのが正しい食べ方なのだろう。しかし、王子動物園内のレストランのそれは冷凍どころか、少し生ぬるい感じであったため、実家に持ち帰り、冷凍庫に保存することにした。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

「神戸限定」あれこれ

2008年8月31日 16:30

前回「とくれん」の話題を取り上げ、思わず郷愁に浸ってしまったが、「とくれん」のように神戸を離れて初めて気づく「神戸限定」が意外に多いことから、この機会にまとめておきたい。

先日の帰省で、お絵描きが大好きな娘のために「お絵かき帳」を購入するため近くのダイエーへ行ったのだが、文具売り場で思わず目に飛び込んできたのが、ピンクの表紙の自由帳であった。そう、知る人ぞ知る「神戸・関西ノート」謹製の学習帳である。

小学校で「ジャポニカ学習帳」などを使っている子供は転校生ぐらいで、ほとんどの生徒がこのノートを使用していた。今では神戸っ子しか使っていないことから「神戸ノート」と呼ばれている。

ピンクの自由帳ととくれん

自由帳の近くには、それぞれ表紙の色が紫色の連絡帳、黄緑色の国語帳、青緑色の百字練習帳、黄色い理科帳、オレンジ色の社会帳、灰色の算数帳が陳列されていた。それぞれ表紙には神戸の風景が印刷され、たとえば自由帳は王子動物園のフラミンゴと白鳥、連絡帳は東遊園地、百字練習帳は神戸港とポートタワー...といった感じである。懐かしさのあまり、書店での立ち読みのごとく手に取ってみると、それぞれ、ノートの中身や表紙裏の各教科の説明文(たとえば算数帳であれば、学年によって違うが、時計の見方や九九の一覧表などが書かれている)は当時のままであるが、表紙の写真が微妙に"今風"になっていた。たとえば、私が小学生のころ、算数帳の表紙には東遊園地にあったロケットのようなオブジェが印刷されていたのだが、今は違う写真になっているし、裏表紙にはバーコードが付いてるし...昔の面影を残しつつも進化していた。ただ、百字練習帳の神戸港とポートタワーは、時が止まっているかのように、私が小学生当時に使っていたものと同じのようであった。今のポートタワーの周辺には高層ビルが乱立しているが、百字練習帳のポートタワー周辺の景色には、遠くに貿易センタービルがあるだけの、震災のはるか前、おそらく今から30~40年前の神戸港の写真が使われていた。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

神戸へ帰省予定なのに...

2009年5月16日 11:45

今朝、NHKのニュースを見てびっくりした。神戸で新型インフルエンザの疑いのある患者が見つかり、学校、保育所などは来週中はほぼ休校、休園。そして今日、明日と開催される「神戸まつり」も中止とのこと。これらの対応を見ると阪神・淡路大震災以来の緊急的な体制が敷かれているように見える。来週末、神戸に帰省の予定なのだが、どうするべきか、少し悩んでいる。

自慢ではないが、私は昨年2回もインフルエンザに罹った。それも立て続けにA 型とB型に、である。しかも生まれて初めてのインフルエンザの罹患ということで、それまでインフルエンザは風邪の少しきついものという程度の認識しかなかったが、実際に罹ってみると、ほぼ1週間は寝たきり状態。壁伝いでないと立ち上がれないほどで、たとえばトイレに行くだけでも、大変に疲労した。この病気で死ぬ人が出るのも、わかるような気がした。あんな思いをするぐらいなら...と思い、昨年の秋は家族全員で予防接種も行った。それで、今年は今のところインフルエンザに罹ることなく過ごしてきたが、ここにきて感染拡大が予想される地域への渡航である。

今回、神戸でのインフルエンザは報道によると、海外渡航経験がない高校生が感染しているということで、もし新型インフルエンザと確定すれば日本で初めての国内発生例となる。しばらく神戸方面の情報に注視したい。

関連リンク
新型インフルエンザに関する情報 (神戸市)
新型インフルエンザ対策関連情報 (厚生労働省)
kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

神戸への帰省を断念

2009年5月20日 09:00

なぜこの時期に神戸への帰省を考えたか。ゴールデンウィーク明けは航空需要が落ち込むこともあって、航空券が安いことと、今年は定額給付金も相まって比較的安価に飛行機に乗れるからである。が、航空券を予約して3日後、まさかこんな事態になるとは...。

『沖縄タイムス』でも大々的に報道

日曜日の『沖縄タイムス』一面は地元のプロバスケットチーム「琉球キングス」の決勝進出や、代わり映えしない民主党新代表決定といったニュースがあるにも関わらず、これらを押しのけて神戸のインフルエンザ禍の記事が堂々の一面を飾った。

日曜日、神戸の実家に状況を確認したところ、家族で咳や発熱の者はいなかったものの、複数の薬局を回ってもマスクが売り切れで入手できないとの話である。妻の提案で、こちらでマスクを大量に購入して神戸の実家に送ることにした。しかし那覇でもニュースで見る神戸の状況ほどではないが、マスクは飛ぶように売れていたようだ。

さて、私の神戸への渡航についてであるが、今日までは様子見のつもりでいたが、週があけた月曜日、ニュースを見ると神戸の中心地・三宮を中心に感染が広がっている模様。しかも実家は新型インフルエンザ患者が入院していたり、発熱外来が設置されている中央市民病院のすぐ近くにある。妻から「神戸に帰るのであれば、沖縄に帰ってくるな!!」「娘は連れて行くな!!」と「おまえは北九州市長か!!」とも言いたくなるほどの忠告(?)を受け、神戸行きを断念することにした。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

「とくれん」通販終了へ

2009年6月27日 06:40

とくれん

沖縄はまだ梅雨明けしていないものの、朝晩でも気温が28℃を下回ることはない季節となった。今年も神戸っ子の夏の定番デザート「とくれん」を取り寄せようと、通販サイトへアクセスしてみたら、なんと売り切れとなっているではないか。全国的にも夏本番間近ということもあって、注文が殺到しているのだろうと思っていたのだが、どうやら、そうでないらしいことがわかった。通販会社での取り扱いが終了するらしく、オレンジ以外の「とくれん詰め合わせセット」も在庫がなくなり次第、通信販売での取り扱いを終わるそうだ。私のように神戸を離れた神戸っ子にとっては残念なニュースである。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

せいかつノート

2010年5月 4日 18:15

最近は神戸の帰ると懐かしさのあまり「神戸ノート」を必ず1冊、買って帰るようになった。土産にするには1冊120円で安上がり。でもノートの単価としては高い部類だろうか。買ったノートはもうすぐ5歳になる娘にそのままプレゼントしている。これまで「自由帳」「おけいこちょう」「さんすうちょう」を買った。「自由帳」は、自由奔放でお絵かきや、適当に折った折り紙を貼り付けたり、シールが貼られていたりと、小学生より自由奔放に使い込んでいるし、「おけいこちょう」は、ところどころプリキュアのシールが貼られているが、自分なりに覚えたばかりのひらがなやカタカナの練習用として使っているようだ。「さんすうちょう」も数字を書く練習用に使っているが、おけいこちょうほどは活用されていないようである。

そして今回の帰省でみつけたのが「せいかつノート」。私の世代には存在しなかった「神戸ノート」である。表紙は王子動物園前の新聞配達少年のオブジェ、裏表紙はポートタワーに向かって万歳をしているオブジェであり、表紙の色は黄土色である。このノートは小学校低学年向けで「生活科」という教科で使うノートである。

せいかつノート

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

最近、twitterで「ヒョーゴスラビア」というハッシュタグのツイートが話題になっている。私はtwitterをやっていないのだが、そんな私のところにまでその情報が来ていると言うことは相当なムーブメントになっているのではないだろうか。

このタグで語られている内容は「ヒョーゴスラビア連邦共和国」なる国の話題である。

「ヒョーゴスラビア連邦共和国」とは「7つの県境、6つの方言、5つの旧国、4つの新幹線駅、3つの空港、2つの海、そしてただ1つの心」を持つという。これは星新一訳の『アシモフの雑学コレクション』の中にある「ユーゴスラビア」について説明した一文のパロディなのだそうだが、日本語で言うところの「兵庫県」のことである。

私も兵庫県神戸市出身...ではなく、ヒョーゴスラビア連邦共和国の連邦首都であるコーベグラードの出身。でも兵庫県民は「ただ1つの心」を持っているかどうかは、怪しい。 県民性について書かれた本には、決まって「兵庫県民の県民性は県民性がないこと」と書かれることが多い。神戸でも東部と西部では市民性が違うし、神戸市東部と隣接する芦屋や宝塚も違う。姫路、豊岡に至っては同じ兵庫県民とは思えないぐらい距離を感じてしまう。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

ただいま、帰省中

2014年1月 1日 16:22

風見鶏の館

あけましておめでとうございます。今日は神戸へ帰省中。昨年は個人的にいろいろあり、今年は「原点に立ち返る」という意味でも10年ぶりに生田神社へ初詣して、新しい年を迎えようと思い、単身、神戸に帰ってきた。「原点」というと大げさだが、私はお宮参りも七五三も生田神社で行ったのだ。

生田神社の杉盛

正月の生田神社といえば「杉盛(すぎもり)」。一般的には門松なのだが、生田神社の祭神・稚日女尊(わかひるめのみこと=若くてピチピチの女神)は「松」が嫌いである。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

海側? 浜側?

2014年1月 4日 14:37

生田神社前の東急ハンズを徘徊していたところ、ついついこんなステッカーを買ってしまった。

ステッカー

このステッカーを家に持ち帰ってから、ふと思ったのだが、神戸では方角の南のことを「海側」ではなく「浜側」と言うのが一般的ではなかったか?

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

葺合区あんない

実家から持ってきた本にこんなモノが挟まってた。 「こんなモノ」というのは失礼かもしれない。神戸市葺合(ふきあい)区役所が昭和51(1976)年9月に発行した「葺合区あんない」という地図兼行政ガイドである。

1976年...今から38年前。私が小学1年生の頃。今は無き神戸市葺合区の某小学校に通っていた頃である。広げるだけで折り目が裂けてしまい、下手すればバラバラになりそうなので、データとして取り込んでおくことにした。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

検索

google+

このアーカイブについて

阪神・淡路大震災

月別アーカイブ

購読・ブックマークに登録