Webブラウザあれこれの最近のブログ記事

3~4年ぐらい前、私が関わったとあるサイトのアクセス解析を眺めていると、弱視の方が作成されたサイトからのリンクがあった。リンク自体は普通のリンク集にあったものだが、その方のサイトを訪れると全盲ではないものの、ほとんど視力のない方に見やすいホームページを心がけているという話があり、そのときは思わず見入ってしまった。弱視者にとって大きな文字が見やすいのは当然のことであるが、背景は黒系統、文字は白系統のコントラストの強いデザインにするとさらに見やすいという。私自身も生まれつきの目の病気の影響で目が悪いのだが、メガネをかければ普通に生活できるので気にもしていなかったものの、その解説には衝撃を受けたものである。

※ちなみに「弱視」の定義は眼科医の間でも判断が分かれていて、矯正視力0.7以下(自動車の運転免許が取れる基準以下の視力)を「弱視」と判断する医師もいれば、矯正視力0.3以下を弱視という判断する医師もいるようです。また視力がよくても色覚が判別しにくい人も「弱視」とされます。

それ以来、少しずつ、弱視者にも、普通の人(弱視者に対して「晴眼者」という)にも見やすいサイトをつくることを心がけてきたつもりであるが、その課程で「色弱者」という存在を知った。色弱者とは、不適切な表現かもしれないが、いわゆる「色盲」のことである。一般的には「緑と赤の区別ができない」と言われているが、実はそれだけではない。黄色がピンク色に見えるタイプの人もいるそうだ。しかも色弱者の割合は意外に多く、男性で20人に1人、女性で500人に1人が色弱者だという。

単に視力が弱い人向けのホームページであれば、先に述べた通り、文字を大きくしてコントラストを強くするだけで、ある程度は解決できるが、色弱者にも見やすいサイトを作るには、かなり複雑なのである。しかも晴眼者にも違和感がないデザインとなると、難易度の高いデザインが要求される。

最近、私の周りでは「カラーバリアフリー」とか「カラーユニバーサルデザイン」で作られたものをよく見かける。たとえば那覇市の広報紙『なは市民の友』は2003年から色弱者に配慮した色の構成になっているというし、沖縄の新聞『沖縄タイムス』も今年4月から「カラーユニバーサルデザイン」を採用している。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

Google Chromeを使ってみる

2008年9月 3日 15:30

一般の新聞でも取り上げられるほど話題になっているインターネット閲覧ソフト「Google Chrome」の日本語版が本日発表された。今日はたまたま暇だったことから、真っ昼間からダウンロードして使ってみた。まだベータ版(試用版)であり正式なものではない。

※ベータ版ということもあり、すでに多くの不具合が報告されているので、インストールを検討している方は、一度、ヘルプセンターの「報告されている問題」も確認されることをお勧めしたい


実際に使用してみるとInternet Explorerと比べればはるかに軽快であり、シンプルな設計になっている。インストール時には「Internet Explorer」のブックマークなどの設定が自動的に引き継がれるようで、やはりIEを意識した仕様になっているようだ。ちなみにインストール後は「Firefox」の設定も引き継ぐことができる。

  • Firefoxの設定を取り込む方法
    1. 右上のGoogle Chromeの設定アイコンアイコンから「ブックマークと設定のインポート」を選択
    2. 「ブックマークと設定のインポート」画面の「取得先」で「Mozilla Firefox」を選択して「OK」ボタンを押す

閲覧環境は今や当たり前となったタブ式で、空白のタブのまま起動すると、よくアクセスするページをブックマークのように登録できる画面になる。ここにページを登録すると、そのページの縮小画像が貼り付くところは、筆者愛用のOperaに似ている。また、タブごとのメモリ使用量などが確認できる「タスクマネージャ」がついているのは便利かも知れない。いくつか開いていたタブの一つが固まってしまった場合、通常だとブラウザごと落ちてしまうが「Google Chrome」はタブごとに独立したプロセスを持っていて、固まったタブだけを閉じてしまうことができる。当然ながら普通にタブを閉じるときはタブの×ボタンを押すだけでよい。

  • タスクマネージャの起動
    右上のページメニューアイコンアイコン(ページメニュー)を押し「開発/管理」→「タスクマネージャ」を選択

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

※2012年7月21日追記
本項の内容はGoogle Chromeの仕様変更に伴い、現在は有効ではありません。最新の状況については「続・共用パソコンにおけるGoogle Chromeのインストール」を参考にしてください。

Google Chromeを以前使用していたWindows XPのパソコンにインストールしようとしたところ、一般的なソフトウェアのインストールとは違う振る舞いをしていたので、記しておきたい。

このパソコンには管理者とは別にユーザーアカウントを設定している。通常、ソフトウェアのインストールは管理者権限でログインした状態でインストールを行う。そして別のユーザーでログインしても、インストールされたアプリケーションを使うことができるが、Google Chromeはログインしたユーザーのプロファイルに実行ファイルをインストールするため、管理者がインストールしても、別のユーザーでは使用できないのだ。

管理者権限でログインした状態でセットアップファイルをダウンロードし、インストールすると実行ファイルは「C:\Documents and Settings\(管理者のフォルダ) \Local Settings\Application data\Google\chrome\Apprication」にインストールされてしまう。ここにインストールされた場合、管理者以外でログインしたユーザーからはGoogle Chromeを実行できない。

ユーザー権限でもインストールできるので、勝手にセットアップファイルをダウンロードしてインストールすれば解決するのだが、1台のパソコンを家族で使っている場合は以下の方法がスマートではないだろうか。

  1. 管理者権限でログインした状態でセットアップファイルをダウンロードする際、「C:\Documents and Settings\All Users\デスクトップ」にダウンロードする
  2. デスクトップにセットアップファイルがダウンロードされていることを確認する。管理者がGoogle Chromeを使用する場合は、ここでダウンロードしたファイルを実行してインストールする
  3. その後、ログオフしてユーザー権限でログインする
  4. デスクトップに、すでにセットアップファイルがあるので、これを実行してインストールする
  5. ほかにもユーザーアカウントが設定されている場合は、再度ログオフして、そのユーザーアカウントでログインして手順4を実行する

こうしてインストールしても、実行ファイルはそれぞれのユーザープロファイル(「C:\Documents and Settings\(ユーザープロファイル) \Local Settings\Application data\Google\chrome\Apprication」にインストールされるので、それぞれのユーザー情報が独立して保持される。従って、他のユーザーがアクセス履歴などをのぞき見ることはできない。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

Google ChromeとGmail

2008年9月 7日 11:00

※2012年7月21日追記
本項の内容はGoogle Chromeの仕様変更に伴い、有効ではありません。最新の状況については「続・共用パソコンにおけるGoogle Chromeのインストール」の後半部を参考にしてください。

本当は9月3日の当サイトでのレポートに追記したかったのだが、当サイトではGmailが重要なテーマの一つとなっているので、独立した記事としてまとめておく。

すでに当サイトでは既出だがGoogle Chromeは当然ながら「Gmail2.0」に対応しており、その動作はきびきびとしている。おそらくGoogle ChromeのJavaScriptの動きがGmailをはじめとするGoogleのWebアプリケーションに最適化されているからであろう。

Google Gears

さて、このGmailをGoogle Chromeで利用するに当たって、便利な機能がある。それは「アプリケーションのショートカットの作成」という機能である。これは設定したサイトのリンクをパソコンのデスクトップやスタートメニューなどに登録できるものである。これをGmailログイン後の画面で設定しておくと、少し大げさだが、Gmailが独立したアプリケーションとして起動するかのように利用できる。

  • アプリケーションのショートカットの作成
    1. Gmailにログイン画面にアクセスした状態で「ページメニュー」(右上のページメニューアイコンマーク)から「アプリケーションのショートカットの作成」を選択
    2. 「Google Gears」という画面が起動するのでショートカットを作る場所を選んで「OK」ボタンを押す

デスクトップにできたショートカットアイコン

その後、希望の場所にショートカットアイコンができていれば、ここから起動してみる。するとGoogle Chromeが起動するが、タブもアドレスバーもない状態で起動し、まるで単独のプログラムが起動するかのようにWebメールが立ち上がる。またGoogle Chromeが規定のブラウザでなくてもGoogle Chromeで起動される。

もちろんこの機能はGmailだけではなく、Google Appsのメールでも、そしてGmail以外のWebメールでも使える。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

Opera Linkでエラー

2010年1月31日 09:30

先週日曜日から我が愛しの(?)Operaに不具合が発生した。 まずGoogleの認証が必要なページにログインができなくなってしまったのだ。それはブラウザのホームページにしているiGoogleやGoogle AdsenseといったGoogleIDを必要とするものから、Google Appsのように独自ドメインの管理に至るまで広範囲に及んだ。アクセスするとアドレス欄の左端に表示されるアクセスを試みている丸いマークが回り続けるものの、いつまで経ってもページが表示されないのだ。何かとGoogleのサービスに依存している私にとっては非常に困った現象である。さらにGoogle以外の認証を求めるページでもアクセスを試したところ、MyYahoo!やAmazon.co,jpの認証ページ、某銀行のネットバンキングでも同様の現象でアクセスできなくなっていた。

私のOperaではOperaを閉じると同時にキャッシュを削除する設定をしているので、IEやFirefoxでありがちな、いわゆる一時ファイルによる不具合は考えられない。そこで試したのはクッキーの削除である。全て削除してOpera再起動をしたが改善しなかった。ただ、このときに気になる現象があった。Operaを閉じたとき、下記のようなエラーメッセージが出てきたのだ。

Opera Link は最終設定の同期でビジーになっています。もう少し待つか、同期をせずに終了する場合は、[終了] をクリックしてください。

Opera Linkとは複数のPCやPCとOperaブラウザが組み込まれている携帯端末で、設定の同期ができる機能で、たとえばブックマークやコンテンツブロックの設定が別の端末でOperaを使用していても、設定しなおすこともなく、そのまま使える。かつては2台のPCでOperaを使っていたので何かと重宝していたが、今は1台でしか使っていないので、Opera Linkは現時点で不要である。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

約4年前に「共用パソコンにおけるGoogle Chromeのインストール」という話題を取り上げたが、現在は状況が変わっているため、改めて最新版を掲載したい。

現在、Google Chromeのインストールは、共用パソコンの管理者が一般的な方法でGoogle chromeをインストールしても、管理者がインストールしたGoogle chromeを、ほかのユーザーは使用できない。現状はログオンするユーザーがユーザーごとにインストールする必要がある。

今のパソコンはハードディスク容量が多いので、ユーザーごとにインストールしても大したことはないかもしれないが、ハードディスク容量の少ない古いパソコンを共用で使っている人にとって、このような振る舞いのアプリケーションはハードディスクの空き容量を圧迫しかねない。もしそのパソコンを10人のユーザーでログオンしている場合は10人分をインストールしなくてはいけない。

実際にショートカットのプロパティを見ると「Documents and Settings」のユーザープロファイル内に実行ファイルがあることがわかる。(XPの場合である)

ユーザープロファイル内から起動するGoogle Chrome

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

最近のブログにありがちな記事名にしてみたが、単なる私の備忘録である。

いろんなパソコンに勝手にOperaを入れて使う機会が多いので、私が個人的に、最低限、これだけはしておきたいという設定を記載しておく。

(1) リファラー情報を送信しない設定

リファラー情報とは「リンク元」の情報である。通常はサイト管理者にリンク元を知られたからと言って困ることはないのだが、Webメールや、Web上のブックマークから特定サイトへアクセスするときに、サーバーのアクセスログにそのアドレスが記録されるおそれがある。それらを送らない設定がOperaにはあるのだ。

設定方法は簡単。「F12」キーを押した時に表示されるメニューにある「リファラー情報を送信する(S)」のチェックを外すだけである。Operaを開いているときに「F12」「S」キーを続けて押すだけで設定完了である。

リファラー情報を送信しない設定

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

OperaのレンダリングエンジンがPrestoからChromeになって、ブックマークがなくなり、その代替機能であるスピードダイヤルを使うようになったのだが、これ、どうやって新しいフォルダを作るのだ!?

試行錯誤して、その方法を見つけたので、備忘録として残しておく。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

検索

google+

このアーカイブについて

阪神・淡路大震災

月別アーカイブ

購読・ブックマークに登録