2013年5月アーカイブ

特に電車に興味があるわけではないが、かねてから「ゆいレール展示館」に行ってみたいと思っていた。しかし、ゆいレール展示館は入館料は無料だが平日だけの開館。しかも予約が必要ということで、散歩がてらにブラッと寄るには敷居が高かった。通常は土日祝日は休館のため、沖縄観光に慣れた人でも立ち寄ったことのある人は少ないのではないだろうか。

ところが、今年のゴールデンウイーク期間中は一般開放とのことで、散歩がてらブラッと立ち寄ってみることにした。

ゴールデンウイーク最終日だけあって、ゆいレール車内は大きな旅行鞄をもった観光客で超満員。目指すは那覇空港駅であるが、乗客のすべてが空港のターミナルビルに吸い込まれてしまった。

那覇空港駅の真下

その証拠に那覇空港駅から、ゆいレール展示館を目指す道は、誰もいない。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

いよいよ「沖縄都市モノレール株式会社」に潜入。しかし誰もいない。正門から入って約2分。ついに、ゆいレール展示館を発見した。まず出迎えるのは実際に東京モノレールで使われていたタイヤと、その構造物である。

ゆいレール展示館外観

外に展示され雨ざらしになっていたせいもあってサビだらけであるが、県外で走っている電車と違ってモノレールのタイヤ部分は見ることはできないが、こうしてみると複雑な構造である。

ゆいレールのタイヤ部分

展示館内に入ると、まず受付がある。受付といっても入場無料なので、入場券購入などは不要であるが、ここではさまざまなゆいレールグッズが売られている。たとえば車内で流されている到着駅ごとに違う沖縄民謡をあしらったチャイム(アナウンスも入ってる)のCDであったり、駅で流れているゆいレールのイメージソングのCD、子供向けにTシャツなどなど、土産物屋や駅でも買えない貴重なグッズが発売されている。また無料で「ペーパークラフト」がいただける。

グッズに興味がなければ受付を素通りしても問題ない。奥へはいると、各駅をパネルで紹介するコーナーがある。またここではゆいレールの工事の模様のビデオも上映されている。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

※本稿は前編後編も併せてお読みください。

クイズラリー問題

前項でも紹介したクイズラリーの問題。ゆいレールは日本最南端の鉄道だけあって、日本最西端と最南端の駅がある。

まずは日本最西端の那覇空港駅。

日本最西端の駅・那覇空港駅

那覇空港から駅へ向かうと出迎えるのが、日本最西端の駅の記念碑である。飛行機で沖縄に訪れた観光客は否応なくこの駅で乗降する。記念碑は飛行機の垂直尾翼をイメージしている。

ここがゆいレールの起点。次に目指すは日本最南端の駅・赤嶺駅であるが、実は日本最西端の駅の次が日本最南端の駅なのである。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

楽しそう!

2013年5月 5日 17:05

たのし荘

海軍壕公園の帰りに見つけた物件。
ちょっと住んでみたいと思ってしまった。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

検索

google+

このアーカイブについて

阪神・淡路大震災

月別アーカイブ

購読・ブックマークに登録