2011年5月アーカイブ

今から5年ほど前に「Google Apps for Your Domain のメールアドレスは何個まで無料?」という記事を発表したが、ついに、その答えがGoogleより示された。

5月 10日より、企業や団体、組織等が、新たにGoogle Apps を利用し、10ユーザ以上のアカウントを作成するためには、無償版ではなく有償版である Google Apps for Business をご利用頂く必要がございます。

Google Apps利用者へは上記の内容を含んだメールがGoogleから届いているはずだが、このメールによると、既にGoogle Apps無償版を利用している人はダッシュボードに記載されている最大のユーザー数までは無料で利用できることになっている。私が所有しているドメインの中では最大100個まで利用できるドメインがあるが、この場合は100個までは無料で使えることになる。

逆に5月10日以降、Google Apps無償版を利用するユーザーは「10ユーザ」未満=9個まで無料で使える。この9個とは、メールアドレスの個数というよりも、メールしか使っていない利用者にとっては、メールボックスの個数と認識したほうがわかりやすいだろう。メールボックスの個数とは、すなわちGoogleドキュメントの最大ユーザー数でもある。

ところが、である。メールボックスやGoogleドキュメントのユーザー数にこだわらなければ、5月10日以降でも無限にメールアドレスを持つことだって可能なのだ。

(1) キャッチオールアドレスを使う
キャッチオールアドレスとは、そのドメイン名の存在しないメールアドレスに届いたメールも受信してしまう機能である。つまりGoogle Appsで設定していないアドレス宛のメールも受信でき、そのメールアドレスの数は無限なのだ。設定方法は公式ヘルプを参照していただきたいが、これにはリスクもある。

ドメインごと迷惑メール業者の標的になると、迷惑メール業者がランダムに作成したメールアドレス宛のメールをすべて受信することになってしまうのだ。そしてキャッチオールアドレスを受けるメールボックスがあふれてしまい、必要なメールが受信されなくなるリスクがある。強力な迷惑メールフォルダや7GBのメールボックス容量があるからといっても、迷惑メール業者が無制限に送りつけるメールに太刀打ちできないかも知れない。

kazamidori | 固定リンク | コメント | トラックバック

検索

google+

このアーカイブについて

阪神・淡路大震災

月別アーカイブ

購読・ブックマークに登録