オバマ大統領御用達、Google Appsの地味な追加機能

2009年9月26日 11:05

最近、Google Appsで地味な機能の追加が行われた。Googleが公開している実験的機能「Google Labs」の一部がGoogle Appsに移植されているのだ。現在、Google Appsで使用できるのは3種類。実験的機能とはいうものの、Google Appsで追加できるGoogle Labsのうち「Google Moderator」は、あのホワイトハウスのホームページでも利用されている。

さてGoogle AppsでのGoogle Labsの追加方法であるが、これがまた、よく探さないとわからないところにある。

  1. ダッシュボード(管理画面)にログイン
  2. サービスの設定の「サービスの追加」のリンクを開く
  3. 「Googleサービス」のページの一番下にある「Google Labsのその他のサービスを表示します」のリンクを開く
  4. いきなり英語のページになるが「Products」にある機能をGoogle Appsに追加できる

機能の追加方法はどの機能でも以下の手順で追加できる。ただし実際に運用するにはドメインのDNS設定にCNAMEレコードを追加する必要がある。

  1. 追加したい機能の説明文の後ろにある「View full overview」のリンクを開く
  2. 詳細な説明ページ(英語)が表示されるので、一通り目を通して「Add it now」のアイコンを押す
  3. 「Enter your Google Apps domain:」と表示され、ドメイン名の入力を求められる。すでにサブドメインで「www」が表示されているが、気にせずGoogle Appsで使っている独自ドメイン名(例:example.com)を入力し「Go」ボタンを押す
  4. なぜかここから日本語のページに切り替わる。利用規約同意画面になる。利用規約だけは英語であるが一読して同意にチェックをつける
  5. さらに、Google Labsで用するサブドメインを設定する
  6. 規約同意、サブドメイン設定後「URLの設定を続ける」のボタンを押す
  7. 「CNAMEレコードの変更中」の画面に切り替わる。CNAMEレコードの説明が表示されるので、DNSサーバーをこの通りに設定する
  8. DNS設定が完了すると「指定された手順を完了しました」ボタンを押す
  9. その後は、それぞれの機能の設定画面に移るので、必要な設定を行う

面白いことにこのように追加した機能は、Gmailとは違って、設定画面などは設定したサブドメインの独自ドメインでそのまま利用できる。当ブログでも追々Google Appsで利用できるGoogle Labsをご紹介したい。

トラックバック(0)

トラックバックURL
http://cgi.kazamidori.net/mt/mt-tb.cgi/482

コメントする

検索

google+

このページについて

阪神・淡路大震災