KeySystemsからのドメイン移管

2007年4月24日 13:00

最近、kazamidori.netのドメイン名移管をおこなった。すでにVALUE DOMAINでは2010年までの更新を終えていることから、特に移管の時期はいつでもよかったのだが、例の一件で別のドメイン管理業者へ移管料金を支払っていたこともあり、移管手続きを進めることにした。

移管先はeNomの再販業者である。eNomの場合、再販業者でトラブルが起きた際、eNomの管理画面でドメイン管理の操作を行えることから、例の一件のようなことがおきても"ライフライン"が確保できるメリットがある。またDNSのTXTレコード設定もeNomの管理画面でが扱えることがわかったので、Googleアプリを運用する場合でも特に支障はないと判断した。

※しかし、過去にこのような事件も起こしていたこともあり"信用"という観点からeNomをお勧めしにくいところもある

ドメイン名の移管には1週間かかるというのが常識とされているが、実際、1週間かかったことはなかった。これまで自分以外にも他人様のドメイン移管作業にも関わってきた経験があるのだが、相手がNetwork Solutionsであったり、逆にeNomであったりしたものの、早いものでは移管申請から24時間以内に完了したものもある。また遅くても一両日中には完了していた。しかしKeySystemsからの移管は噂に聞いていたが、あまりにも時間を要したのである。

具体的には以下の通りであった。

4月14日23時 移管申請を行う
4月15日18時 eNomから移管確認手続きのメールが届く
4月23日深夜 移管完了

私が所有している3個のドメインの管理が2社にまたがるのも面倒なので、ほとぼりが冷めたころにでも、改めてVALUE DOMAINへの再移管を検討している。ただし安いほうのKeySystemsではなく、ちょっぴり割高なeNomコース(割高といっても年間990円であるが...)での移管を検討している。なぜなら冒頭の通りVALUE DOMAINがトラブルを起こしても直接eNomの管理画面にアクセスできるからだ。

とりあえず、KeySystemsからのドメイン移管を検討されている方は参考にしていただければと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL
http://cgi.kazamidori.net/mt/mt-tb.cgi/126

コメントする

検索

google+

このページについて

阪神・淡路大震災