独自ドメインの危機管理

2007年1月31日 23:30

今日の夕方、VALUE DOMAINの管理画面にアクセスしたところ「管理ドメイン数」が「4個」のはずなのに、なぜか「3個」になっていた。1月に期限切れになるドメインなんてないはずなのに...と管理ドメインのリストを見ると「kazamidori.net」だけが消えていた。すぐさまコマンドプロンプトを立ち上げてnslookupを引いてみるとkazamidori.netだけ、サーバーのIPアドレスが取得できないのだ。当然、pingも通らない。私名義で管理している独自ドメイン4個とも同じサーバー上にあるというのに...である。

そして自分のページにアクセスするとエラーになった。すぐさまVALUE DOMAINに問い合わせたところ、ホームページにアクセスできない件についてはすぐ復旧したが(推測だがネームサーバーの情報を修正したのだろう)、アクセスログを見る限り、今日の17時~18時30分までkazamidori.netはインターネット上から消滅していたようである。

再び、VALUE DOMAINの管理画面にアクセスしてみると「管理ドメイン数」は「4個」に戻ったのだが、kazamidori.net関連の管理画面へ進むと「エラーが発生しました。1) Domain name not found」という表示になってしまった。なにやら「ドメイン名がない」という表示ではないか。とりあえず、この件についてVALUE DOMAINの担当者から後ほど連絡するとの回答をいただき、今は連絡を待っている段階である。

「ひょっとして、kazamidori.netが乗っ取られたか」とも思い、ドメイン名の管理者情報である「WHOIS」を調べたところ、乗っ取られた様子はなかった。

もしkazamidori.netのドメイン名の更新期限が今日だったら、VALUE DOMAINの管理システムのエラーの影響で更新できずにそのままインターネットから消えていたか、他人に取られていたかもしれない。しかし、現時点での更新期限は2009年3月までとなっているため、その心配はない。また、ドメイン管理会社(この場合はVALUE DOMAIN)と、ドメイン管理者情報(WHOIS)の連絡メールアドレスを独自ドメインのものにしていなかったのも不幸中の幸いであった。

もしこれらのアドレスも独自ドメインのもの...特に自分が管理しているドメイン名のアドレスにしていると、ネームサーバーに何らかの障害が起こったり、今回の私のようにドメイン管理システムが使えなくなった場合、メールでのサポートや問い合わせのメールを受けられなくなるほか、独自ドメイン名の更新手続きができなくなるおそれがある。特にドメイン名の更新手続きなどの情報はWHOISに登録されている連絡先のメールアドレスでやりとりされる。

ドメイン更新期限にこのようなトラブルに巻き込まれるとせっかくの独自ドメインを捨てざるを得ない。下手をすれば赤の他人に取得され、アダルトサイトなどを立ち上げられては目も当てられないだろう。

独自ドメインを所有している人は、今一度、管理しているドメイン名のWHOISの連絡先メールアドレスの確認していただきたい。管理しているドメイン名のメールアドレスをWHOISの連絡先にしている場合は、別のメールアドレスに変えておくことをお勧めしたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL
http://cgi.kazamidori.net/mt/mt-tb.cgi/107

コメントする

検索

google+

このページについて

阪神・淡路大震災