沖縄のニューリーダー、知事選に立候補せず!!

2006年11月 2日 09:30

今日、沖縄県知事選挙が告示された。すでに3人が立候補を届け出ているが、この中に、どの候補者よりも熱心に"事前運動"をしていた沖縄のニューリーダー氏の名前がないではないか。どうやら彼は今回立候補した保守系候補を推すことを決めたらしく、立候補を取りやめたようなのだ。彼に何があったのか。ひょっとすると来年4月に予定される参院選の補選を狙っているのだろうか。

前回(2002年)の県知事選挙では自称唯一神・又吉イエス氏が立候補。政見放送や選挙公報で対立候補に「腹を切って死ぬべきである」と言い放つパフォーマンスは全国的に注目され、4,330人の沖縄県民の支持を集めた。今回の選挙では又吉氏が獲得した票を琉球独立党の候補者がどこまでまとめきれるのかが注目される。

※又吉イエス氏については又吉イエス非公式サイトをご参考ください。前回の沖縄県知事選挙の政見放送も聴けます。

トラックバック(0)

トラックバックURL
http://cgi.kazamidori.net/mt/mt-tb.cgi/89

コメント(2)

  1. 匿名希望 : 2006年11月 7日 05:16 | 返信
    • 沖縄のニューリーダーことひが実さんは、今回推薦することになった保守系候補からの相当な圧力(裏金も?)によって出馬を断念したそうです。 この裏には次期浦添市長選挙あります。 現在の市長は自民・公明推薦の市長ですが、次期はひが実さんを推薦すると言う裏取引が決ったと言う噂です。
      ええ、あくまでも噂です(笑) 沖縄の事よりも、自分の私腹を増やすことしか考えていない、保守系候補が当選した暁には、それに群がる一部の人達によって沖縄の振興策は食い物にされることでしょう。
      さらば、ジュゴン。
  2. 匿名希望 : 2006年11月12日 15:00 | 返信

コメントする

検索

google+

このページについて

阪神・淡路大震災