My Favorite Stamps Gallery2000年7月1日更新
83年ふみの日「妖精からの便り」愛知県
古田文子様
83年ふみの日「妖精からの便り」  ちょうど大学一年生。はじめて自宅を離れ一人暮らしをはじめた頃でした。いろいろと悩みをかかえていたとき、便箋いっぱいに書いては相談にのってもらっていました。
 そんなときにせめてかわいい切手をと思い、永田萠さんのデザインしたふみの日の切手、よく使いました。
 昔から電話が苦手ですぐに手紙を書く人間だったので、使う切手にはそれなりにこだわりを持っていたのです。手紙を書くことで、気持ちがすっきりしたり、自分なりに反省したり…。
 そのとき相談に乗ってもらっていた人が今の主人です。だから私の思い出の切手はうす紫色の萠さんのふみの日切手なのです。

●この切手のデータ
意匠=妖精からの便り
発売日=1983年7月23日
原画作者=永田萠 発行枚数=7000万枚
関連記事=「永田萠と切手の世界」


前の展示へ思い出の切手トップページ出口へ順路